インドネシアの敬虔なイスラム男性が語る、女性に「処女」を求める“意外とオトナ”な理由

バンダアチェ郊外のランプウ海岸で写真を撮りあうアチェの女性たち。
ここでも流行りはインスタ映え?バンダアチェ郊外のランプウ海岸で写真を撮りあうアチェの女性たち。 ここでも流行りはインスタ映え?

イスラム教徒はなぜ、未婚の女性に処女であることを求めるのか――。「処女であることは、その人のモラルの高さを見極める判断基準になるからだ」。これは、インドネシア・スマトラ島北端の街バンダアチェで観光ガイドをする男性ワワンさん(仮名、45歳)の言葉だ。

■2本指テストは150円

断っておくが、バンダアチェを州都とするアチェ州はインドネシアで唯一、シャリーア(イスラム法)が適用される厳格なイスラム教の地域。「酒などもってのほか」というほどワワンさんは敬虔なイスラム教徒だ。

イスラム教の聖典コーランは婚前交渉を厳しく禁じている。ワワンさんによると、その戒律を守り、結婚まで処女を貫くということは、その人の誠実性、真面目さ、信仰心の厚さを示しているという。

アチェ州の病院では驚くことに、処女検査がいまだに行われている。妻となる女性のモラルを確かめるため、結婚前にこの検査を受けるのは慣習だ。2本の指で処女膜を確認することから「2本指テスト」とも呼ばれるこの検査の費用は1回2万~3万ルピア(150~220円)。庶民の食堂の1食分とほぼ同じ値段。その日のうちに結果が出、医者ははっきり、処女かそうでないかを告知するという。結果は親族にも知らされるため、処女であるべきという規範意識・社会的圧力は強い。

言うまでもなく、検査結果の科学的信ぴょう性は疑わしい。だがこの結果が「陽性」だった場合、たとえ結婚直前であったとしても、「婚約破棄にまでつながりかねない」(ワワンさん)という。もし女性が検査を拒めばどうなるか。「それは、処女でないと自分から言っているようなもの」とワワンさんは語る。

■童貞検査もやるべき?

処女検査はアチェ州以外でも、インドネシアの国軍や警察の採用試験で実施されている、と数年前に報じられたことがある。女性の肉体的・精神的苦痛が大きく、人権侵害にあたるとして、国際社会から大きな批判を浴びた。だがその際にインドネシア政府はこんな反論をした。

「モラルに問題のある人間を振るい落とし、国の安全を担うにふさわしい人材を採るためにやっている。他にモラルの高さを確かめる方法はない」

インドネシア政府が問題としたのはあくまでモラル。「処女=モラルが高い」という図式が前提にあるのだ。

一夫多妻制を認めるなど、どうしても男性優位な印象がつきまとうイスラム教。本心では女性に対する独占欲もあるのではないか、との疑問もわく。だが少なくとも、過去の男性経験の有無そのものを問うているのではないのは確かなようだ。「離婚した女性が必ずしも再婚しづらくなるわけではない。離婚の原因は、家族関係や経済的な事情など人それぞれ。離婚したからといって本人のモラルに問題があるとまではいえないから」(ワワンさん)

日本にも「処女厨」と呼ばれる、処女を過度に崇める人たちが一定数いる。彼らの多くは過去の男と比べられるのを嫌う。「中古品であるバツイチとは結婚できない」と言う過激派までいる。それに比べれば、アチェ州の男性の考え方のほうが成熟しているのかもしれない。

ちなみにコーランで婚前交渉が禁じられているのは男性も同じ。アチェ州では婚前交渉が発覚すればシャリーアに基づき鞭打ちの刑に処される。「童貞検査」が行われていないだけで(これ自体は不平等だが)、モラル重視という実質は変わらないとの見方もできる。

イスラムと一口にいっても、インドネシアに多様な価値観があるのも事実だ。処女検査については国内の女性人権活動家からも非難の声が上がっているし、スマトラ島北部のメダンに住む男子大学生(21歳)のように「処女性は重要ではない。女性にだけ処女検査をするのは不公平だ」との意見もある。