視点を変えてニュースをとらえ直す! 「ドットワールド」が国際ニュース解説記事を配信

ドットワールドのウェブサイトドットワールドのウェブサイト。キャッチフレーズは「現地から見た『世界の姿』を知るニュースサイト」。写真も多く、カラフルだ

「ひとつのニュースを日本から見ているだけでは分からないことがある。出来事が起きた現地から、第三国から、と視点を変えてとらえ直すことが大事」。こう語るのは、2019年7月にスタートした国際ニュースサイト「ドットワールド」編集長の玉懸光枝さんだ。海外在住の日本人ジャーナリストや現地人専門家と連携し、オリジナル記事の作成や主要紙の記事紹介をする。

■葬儀に参列し取材した記事も

ドットワールドには4つのコーナーがある。各国の政治情勢を論考するオリジナル記事「社会を読み解く」、主要英字紙の社説を紹介・解説する「現地の論調」、そして人々の暮らしのひとコマを写真と動画に収めた「世界写真館」と「動画コンテスト」だ。

記事の書き手と写真の提供者は現段階で24人。フリージャーナリストや大学教授、民間の調査員、写真家などだ。そのうち編集長の玉懸さんを含む3人が編集者としてオリジナル記事を企画している。

オリジナル記事の作成の流れはこうだ。まずドットワールド編集委員が記事のテーマと、どの国の視点から考察するかを考え、企画する。次にそのテーマや国に詳しい書き手に企画の主旨を説明し、連携を提案。これが決まると書き手は取材と記事執筆をし、その記事がドットワールドに掲載される。

4つのコーナーの中でもコンスタントに多くの読者が訪れるのが「現地の論調」だ。11月29日付の社説紹介記事では、アルゼンチンの元サッカー選手ディエゴ・マラドーナさんの訃報をうけてバングラデシュの英字紙「デイリースター」が掲載した社説をピックアップ。新聞の主張が前面に表れる社説を紹介することで、バングラデシュの人々が日々どんな情報に触れているのかを伝える。

社説の紹介は、玉懸さんが立ち上げ当初から外せないと考えていたコーナーだ。「その国にどんな論調があるのか伝えるには社説がぴったり。社説なんて読まれないという声もあったけど、良い反響があり嬉しい」と玉懸さん。

ドットワールドがこだわる「現地の視点」が明確に描かれているのが11月8日付のオリジナル記事。東アフリカ・ケニアでの新型コロナウイルス対策をテーマに、ケニア人の書き手が執筆したものだ。

記事執筆にあたり取材したのは、感染拡大の只中に催された農村の葬儀の場だった。

感染の可能性があるのになぜ大勢が集まり葬儀をするのか。集まった人々は葬儀を欠席することは絶対にできないと口々に言う。

この村では「葬儀で人々が団結して悪霊の魂を湖に追い払わなければならない」と考えられている。葬儀に集まる人が少ないと、湖にたどり着かずに浮遊した魂が新たな死を招くのだという。言い換えると「葬儀に参列しなければその人は死に至る」と考えているのだ。

彼らは多くの人が集まれば感染のリスクが高まることを理解している。一方で、葬儀に参列しなければ死に至るという価値観も持ち合わせる。感染拡大防止のためにケニア政府が通達した行動規制を守ることは、彼らにとって簡単ではないのだ。

葬儀の場で取材して記事を執筆したことには、連携を提案した玉懸さんも驚く。「葬儀に参列して取材するなんて想像もしなかった。ケニア人だから葬儀にも参列できただろうし、同じ言語で取材したからこそ知りえた情報ばかり。一押しの記事」と語る。

■きっかけはダッカのテロ事件

玉懸さんがドットワールドを立ち上げたきっかけは、2016年7月にバングラデシュの首都ダッカで起きたイスラム過激派によるテロ事件にさかのぼる。事件には日本の援助関係者7人が巻き込まれ、国際開発業界全体に衝撃が走った。

当時の玉懸さんは、国際開発業界の専門誌「国際開発ジャーナル」の編集長。事件を知ってすぐ追悼文を執筆し、校了直前だった月刊誌の巻頭に差し込んだ。翌月号には事件の緊急特集を掲載するべく、作成に取りかかる。

緊急特集は4本柱で作成。犠牲者の遺族や同僚・友人と、国際協力機構(JICA)、外務省の3方面への取材内容と、国際開発ジャーナル誌編集部が執筆した事件の経緯説明や問題点の指摘を掲載した。

事件で犠牲になったのは、JICAが外注した案件で赴任していた開発コンサルタントたち。遺族のJICAに対する怒りや、事件への戸惑いや疑問も当然のことだった。

取材当時のことを玉懸さんはこう振り返る。「夫を亡くして呆然とする奥さんが、ぽつりぽつりと犠牲になった方の生前の姿を話してくれた。それを聞きながら、『お辛いですね』なんてとても言えず、ただメモをとった」

なぜ事件が起きたのか――。疑問ばかりが飛び交う中で、事件を読み解くにはバングラデシュからの視点が必要だと玉懸さんは思い至る。

「親日国で、大規模開発の只中にある投資先。これが当時の日本にとってのバングラデシュだった。でも、バングラデシュの中から見たら、それは違ったのかもしれない。日本の開発援助をよく思っていない人もいた可能性だってある。バングラデシュの人々が日々どんな情報に触れて、何を考えているのか。これを知りたくなった」(玉懸さん)

現地の人の世界観を日本の人に知ってほしい。いろんな見方があることを伝えて、違いも受け入れられる寛容な世界をつくりたい。このときに抱いた思いが玉懸さんを突き動かす原動力だ。

ドットワールドの立ち上げから1年半。「正直、うまくいっているとは言えない」と玉懸さんは明かす。これまでに手掛けたのは紙の媒体で、ウェブサイトのアクセス分析や、ツイッター・インスタグラム・フェイスブックでの記事拡散は初めての経験だ。

書き手の開拓にも課題を感じている。ドットワールドが大事にするのは、その国の人々にできるだけ近い視点からニュースをとらえ直すこと。これをかなえられる、現地に根差した書き手を見つけるのは容易ではない。

さらに大変なのは、ドットワールドの運営母体の一般財団法人国際開発センター(IDCJ)に編集経験のある人がいないことだ。社外で手伝ってもらっている編集委員2人はどちらも海外在住。企画については編集委員同士で綿密に話し合って練り上げたいのが本音だが、そうもいかない。企画以外の記事発注、書き手の開拓、記事の校正、サイトの記事更新などは玉懸さん一人でしている。

決して楽ではないドットワールドの運営。それでも玉懸さんは笑顔でアイデアを話す。

「共通テーマで複数の書き手に記事を依頼して、各国の人々の視点が比較できるような特集をやってみたい。カバーしきれていない地域や国に精通した書き手を発掘し、一緒に記事作成をしたい。あと数年は試行錯誤が続きそう」