日本ハビタット協会がケニア西部で「トイレ建設+農業支援」、野外排せつをゼロに!

ケニア西部のホーマベイ県カボンド地区で、トイレの作り方を指導しているところ。写真は、トイレの床部分(コンクリート製)ケニア西部のホーマベイ県カボンド地区で、トイレの作り方を指導しているところ。写真は、トイレの床部分(コンクリート製)

ケニア西部のホーマベイ県カボンド地区で、トイレの普及率100%を目指す国際協力NGOがある。住民が自らトイレを作るための支援をする日本ハビタット協会だ。カボンド地区の家庭のうちトイレがあったのは2016年時点で40〜60%。「使われるトイレ」を作るためのプロジェクトを日本ハビタット協会が進めたところ、野外排せつはほぼゼロに、手洗い場の設置率も21%から86%になった。

あっても使われない!

プロジェクトの名前は「スマイルトイレプロジェクト」。日本ハビタット協会が2016年に始め、2019年8月からは国際協力機構(JICA)の草の根技術協力として実施中だ。プロジェクトの期間は2024年6月まで。ホーマベイ県の地元NGO「SAWA YUME KENYA」がトイレ作りの指導や農業支援で協力する。

日本ハビタット協会が目指すのは、カボンド地区の衛生環境を良くすること。まずは地区内のすべての家庭が「穴掘り式トイレに蓋と手洗い場、囲いのあるトイレ」を設置することが目標だ。

プロジェクトの年間対象地となるのは、カボンド地区の10~15の村。所得が低く、トイレをもたない家庭にアプローチする。

日本ハビタット協会が強くこだわるのは、家庭で使われるトイレを作ること。トイレがあっても、使われないことがざらだからだ。

トイレが使われない理由として日本ハビタット協会の篠原大作事務局長が挙げるのは、足場が不安定で危険であること、囲いがなくてプライバシーがないこと、異臭がすることなど。このため住民は、穴を掘っただけのトイレを避け、川や池などで用を足していた。

篠原氏は「(ケニアの)保健省がトイレを作るよう推奨していたが、住民はトイレの建設知識がなかったため、不衛生で異臭の強いトイレができた。そこで日本ハビタット協会は、使われるトイレの作り方を教える必要があると感じた」と話す。

トイレを作る費用=月収

トイレの作り方の指導を受けるのは、それぞれの村から選ばれた5人だ。彼らがトイレの作り方を学び、その方法を村に広めていく。指導役を務めるのは、SAWA YUME KENYAが雇うトイレ建設指導の専門家だ。

トイレを作るのも、またその費用を負担するのも住民だ。篠原氏は「(オーナーシップを感じてもらうために)住民が自らトイレを作ることが重要。一度作ればやり方がわかるため、故障にも対応できる」と言う。

とはいえ、トイレを作るための費用を払えない人もいる。プロジェクトの対象となる村の住民の平均月収は日本円で5000~7000円。トイレの穴に蓋をつけたり、囲いや手洗い場を設置したりするのに必要な費用も5000〜7000円と同じだ。

加えて、このプロジェクトではLIXILが開発したSATO Pan(開発途上国向け簡易トイレ)の導入も推奨している。

SATO Panの仕組みはこうだ。住民が掘った穴にまず、プラスチック製のSATO Panを設置する。排せつした後に、約200ミリリットルの水を流す。すると、水の重さで蓋(弁)が自動的に閉まる。電気は不要だ。

SATO Panの値段は500円。これに加えて、SATO Panの周りをセメントで固定するために250円かかる。「SATO Panを使うと、蓋があるので臭くない。ハエの侵入も防げる。導入したい住民は多くいる。だが750円が払えないため、SATO Panをもっているのは全家庭の5〜10%にとどまる」(篠原氏)

苗づくりで設置費用を稼ぐ

トイレを作るために必要な費用を住民自身が稼げるよう、日本ハビタット協会とSAWA YUME KENYAは果樹を増やす技術と養鶏技術の指導にも力を入れてきた。

指導を受けるのは、果樹を増やす技術と養鶏技術でそれぞれ、1つの村から10~12人ずつ。ホーマベイ県出身で、海外の大学で学んだ農業専門家が教える。篠原氏は「日本から農業専門家を呼ぶのではなく、地域の住民から雇用する。そのほうが住民とコミュニケーションがとれるし、気候や農業の環境を熟知している」と説明する。

果樹を増やす技術とは、取り木や挿し木のことだ。増やすのは、レモン、マンゴー、オレンジ、アボカド。「種から育てたら実を収穫するまで5年ほどかかる果樹でも、この技術を使えば苗木を植えて1~2年で収穫できる」(篠原氏)

取り木のやり方はこうだ。木の太い枝の根元に近い部分の長さ1.5センチメートルの外皮のみを剥ぐ。そこにおがくずやココナツの繊維を混ぜた栄養のある土を被せ、水を含ませてから袋で密閉。1カ月ほどで剥いた皮の部分から根が生える。根の生えた部分から下を枝から切り離すことで新たな苗木ができる。

「ほとんど費用をかけずに苗木をつくれるこの技術は革新的。ケニアでは、苗木が150円ほどで売れる。新たな収入源にもなる」(篠原氏)

養鶏技術の指導では、孵化してから1カ月の雛を住民に提供。飼い始めてから2、3カ月後には市場で売れるほどに成長する。こちらも定期的な収入になる。

こうした結果、週に300円ほど所得が向上する家庭が増えてきたという。週に150円を貯金し続けることと、マイクロファイナンス(小規模金融)グループによる相互扶助でトイレは作れるようになる。

カボンド地区の住民が作ったトイレ。LIXILが開発したSATO PAN(青の便器の部分)を利用したスタイル

カボンド地区の住民が作ったトイレ。LIXILが開発したSATO PAN(青の便器の部分)を利用したスタイル

カボンド地区の住民。トイレを設置する費用を自ら稼ぐため、農業技術の指導も受けた

カボンド地区の住民。トイレを設置する費用を自ら稼ぐため、農業技術の指導も受けた