「エスコポラミナ」は世界最強の麻薬? それとも疲労回復の薬? コロンビア先住民のシャーマンだけが知るウラ話

チョウセンアサガオを手に取り説明するエンベラ・チャミ族のシャーマン、フロレンティーノ・タマニス・タスコンさんチョウセンアサガオを手に取り説明するエンベラ・チャミ族のシャーマン(ハイバナ)、フロレンティーノ・タマニス・タスコンさん(コロンビア・メデジン郊外の先住民保護区で撮影)

「エスコポラミナ」と呼ばれる“世界一強力な麻薬” がコロンビアにある。原料はナス科のチョウセンアサガオ(日本では「キチガイナスビ」と言う人も)。チョウセンアサガオの木は、コロンビア第2の都市メデジンからバスで4時間のところにある先住民保護区「カルマタ・ルア」に生えている。だがこの植物が麻薬になることを知っているのはここではシャーマン(ハイバナ)だけ。ハイバナのフロレンティーノ・タマニス・タスコンさん(45歳)は「私たちエンベラ・チャミ族にとってチョウセンアサガオは伝統的な薬。でも麻薬にもなることが知られると、エスコポラミナは世界中に広まりかねない」と懸念する。

エスコポラミナは「ボラチェロ(酔っ払い)」という別名をもつ。その名の通り、エスコポラミナの粉を液体と一緒に飲んだり、粉を吸ったりするだけで、人は自己コントロールを失い、他人の言うことをよく聞くようになるという。大量に摂取すると2~3日昏睡状態になり、最悪の場合は死に至るというから恐ろしい。

葉っぱに硫酸などの化学薬品を混ぜて加工するコカインと比べ、エスコポラミナの作り方は簡単だ。タスコンさんによれば、チョウセンアサガオの根を乾かして粉末にするだけでエスコポラミナはできあがる。世界最強の麻薬は子どもでも作れるが、チョウセンアサガオは医薬品の用途もあるためコロンビアでは栽培が禁じられていない。

エスコポラミナは、実は一部の人の間で1970年代から女性をレイプする目的で使われ始めた。コロンビアのニュースサイト「ノティシアス・カラコル」によると、コロンビアでは1日に平均5人がエスコポラミナによるレイプ被害にあっているという。

犯罪被害はレイプだけにとどまらない。エスコポラミナの最もメジャーな使用目的は窃盗だ。「隣の町で一度、コーヒー農家の夫婦がエスコポラミナの被害にあった。来客が夫婦のサンコチョ(コロンビアの伝統的なスープ)にエスコポラミナを入れ、それを食べた夫婦は丸2日間眠ったまま。その間に犯人は家財をすべて盗んでいった」(タスコンさん)

しかし、犯罪に悪用される麻薬も、エンベラ・チャミ族にとっては薬になる。煎ったチョウセンアサガオの葉っぱを水に漬け、抽出した液を頭にかける。すると疲労回復に効くという。「カルマタ・ルアではチョウセンアサガオは薬としてしか使わない。薬として扱うことが許されるのはハイバナだけだ」とタスコンさん。カルマタ・ルアの外では、チョウセンアサガオの成分を含んだ薬があり、鎮痛・鎮静薬として用いられる。

ただ驚くべきは、チョウセンアサガオはエスコポロミナになる前の植物の状態でも危険なこと。「 葉っぱは毒性をもつ。噛むと幻覚が起きる。でも満腹感を維持するためコカの葉っぱを噛む習慣をもつエンベラ・チャミ族は時々、チョウセンアサガオの葉っぱを誤って食べてしまう。食べた後に狂った挙句、川に身を投じ、溺死した人も今までに何人かいる」とタスコンさんは説明する。

チョウセンアサガオが麻薬になることやその製法をシャーマンが明かしても罰はない。だがタスコンさんは言う。「カルマタ・ルアを守るためにこの秘密は誰にも明かさない。チョウセンアサガオが麻薬になると教えてしまえば、きっとエンベラ・チャミの若者たちは使い始めるだろう。そうすれば瞬く間に商売となり、コカイン同様、エスコポラミナの世界市場ができあがってしまう」

だが秘密であるがゆえにチョウセンアサガオが麻薬として広まることもある。エスコポラミナの原料と入手場所を知っているメデジンやボゴタなどの都市の人たちは時々、チョウセンアサガオを買いにカルマタ・ルアまでやって来る。麻薬として使われることを知らないエンベラ・チャミの人たちは、自生するチョウセンアサガオの木を売ってしまうという。

ハイバナだけが所有できる聖なるチョウセンアサガオの木。エンベラ・チャミ族にとっては薬になる貴重な財産。「ハイバナは先祖代々、チョウセンアサガオの木を大切に育ててきた。私も死ぬ前に次の世代に渡すのが楽しみだ」とタスコンさんは木を撫でながら微笑む。

フロレンティーノ・タマニス・タスコンさんは儀式のときはエンベラ・チャミ族のシャーマン(ハイバナ)の衣装をはおる

フロレンティーノ・タマニス・タスコンさんは儀式のときはエンベラ・チャミ族のシャーマン(ハイバナ)の衣装をはおる