クーデターに怒りを燃やすミャンマー市民、インターネットで国軍に立ち向かう!

クーデター当日(2月1日)の夕方。一見すると、いつもと変わらない穏やかな光景だクーデター当日(2月1日)の夕方。一見すると、いつもと変わらない穏やかな光景だ

「カンカンカン」

クーデターの翌日(2月2日)夜8時。ミャンマーの最大都市ヤンゴンで突然、金属音が響き始めた。窓を開けると、近隣アパートの住民らが一斉にアルミの皿などを叩いている。クーデターで国家権限を掌握したミャンマー国軍が発した夜間外出禁止令の開始時刻にあわせた、市民による非暴力の抵抗だ。シュプレヒコールもプラカードもない。国軍が政権を奪ったことで、言論の自由が事実上失われたからだ。クーデター後も穏やかだった街に、初めて鳴り響く抗議の音だった。

■はらわたが煮えくり返る

こうした市民の抵抗活動は、インターネットを通して呼びかけられ、拡散されている。使われるのは、ミャンマーのスマホユーザーのほぼ全員が利用するフェイスブックだ。ヤンゴンの様子は、一見すると何事もなかったかのように平和で穏やかだが、フェイスブック上ではミャンマー市民の怒りの炎が燃え広がっている。

「どんなにはらわたが煮えくり返っても、それを実際の行動で示すことはできない」。そう話すのは、ミャンマー第2の都市マンダレー出身のウーテットゥン氏(仮名、57歳)。もし反軍政のデモなどをすれば、国軍に武力制圧の口実を与えてしまうからだ。

「私たちはミャンマーが民主化するまで(1962~2011年)、軍事独裁政権の下で生きてきた。奴らのやり方は嫌というほど知っている」とウーテットゥン氏は吐き捨てる。

「僕らがやるのはデモじゃない。インターネットで闘うんだ」。ミャンマー東部のシャン州に住むサイカンアウン氏(仮名、38歳)はこう主張する。

その理由は、軍に拘束されたアウンサンスーチー国家顧問をはじめ、辛くも拘束を免れたミンコーナイン氏(スーチー氏と並ぶミャンマー民主化運動の指導者)など、著名な民主活動家たちが徹底して非暴力を説いているからだ。

ミンコーナイン氏は当初、スーチー氏らとともに国軍に拘束されたと考えられていたが、2月2日、亡命先で動画を撮影。武力ではなくオンラインやポスター、ステッカーなど、平和的な手段で闘おうと呼びかけた。

国軍の罠にはかからない!

ただフェイスブックでの呼びかけにも注意が必要だ。サイカンアウン氏によると、抵抗活動を呼びかける投稿の中には、国軍がしかけた罠もあるという。国軍やその支持者が偽の反軍政デモなどの情報を流し、集まった市民を捕えるというのだ。

「僕は必ず発信者のプロフィールを確かめる。これは、かつて僕たちが軍政下で生き抜いてきた経験と知恵なんだよ」(サイカンアウン氏)

クーデターの当日(2月1日)、国軍は電話やインターネットの回線を遮断した。だがこれらは数時間で回復した。インターネットの遮断が短時間で終わった理由は2つ考えられる、とサイカンアウン氏は言う。

1つ目は、インターネットが一切使えない状況はさすがに国際社会が許さないだろうという見方。もう1つは「僕らがオンライン上で盛り上がって、ボロを出す(武力行動を起こす)のを待ち構えているのでは」という推測だ。国軍への警戒心は強い。

病院から医師・看護師が消える

軍政権への不服従の姿勢を、現実的な行動で示す人たちも現れ始めた。その代表例が、公務員である公立病院の医療者たちだ。ミャンマー各地の総合病院では、医師や看護師が次々と職務のボイコットを表明。「私たちは公平な選挙で選ばれた政権の下でしか働かない」などのキャッチフレーズに、本名、所属先、本人の写真などもフェイスブックに投稿し出した。

医療者がボイコットをすれば、犠牲になるのは患者だ。批判の声も当然ある。だがそれでも多くの市民が、軍政に対抗する数少ない手段として、この不服従運動に賛同している。

この運動を推進するひとり、ヘインウィンワ医師は、イラワジ誌の取材に「私たちが医療を通して救えるのは一部の患者の命だけ。しかしクーデターに対して沈黙を貫けば、軍政下で毎日何百人もの希望が失われるだろう」と答えている。

これに対して軍の関係者は個人のフェイスブックに「国軍にだって医者はいる。君たちがいなくても十分やっていける」などとうそぶいている。

一部の公立学校の教師たちや、スーチー氏(外相を兼務していた)が直接指揮していた外務省の職員らも、医療者につづきボイコット運動に加わる動きを見せている。

軍政より内戦のほうがマシ

2月2日の夕方には、複数の少数民族の武装勢力が、軍政に反対する姿勢を明らかにした。いずれもスーチー氏率いる民主政権(国民民主連盟=NLD)下で、国軍との停戦協定を結んだ組織だ。ミャンマーでもっとも歴史の古い反政府武装組織であるカレン民族同盟(KNU)は「停戦協定を結んだのは、民主主義の実現のためだ。クーデターは民主化の道のりを妨げ、国の未来に深刻な影響を及ぼす」と批判した。

これらの武装勢力は、クーデターで拘束されたNLDのリーダーや民主活動家の解放を求めている。先のサイカンアウン氏は「この要求に応えなければ、内戦状態になる地域も出るかもしれない。でも、銃をもつ国軍と対等に戦えるのは、武装組織である彼らだけだ。正直なところ、内戦だって軍政権よりはマシだよ」と真顔でつぶやいた。

また、ウーテットゥン氏はこう語った。

「ミャンマーに暗黒の時代がくる前に、国連や外国による仲裁を期待したい。どうか外国人のあなたたちには、ミャンマーの民主主義が守られるようにサポートしてほしい。私たちは1日たりとも、いや1時間たりとも、国軍に支配されたくないんだ」

職務をボイコットしていない医療者も、防護服にメッセージを書いて、不服従の意志を示す。背中に書かれたメッセージは「ミャンマーを守ろう。私たちが認めるのは、選挙で選ばれたNLD政権だけ」。画像はフェイスブック(#Civil Disobedience)から引用

職務をボイコットしていない医療者も、防護服にメッセージを書いて、不服従の意志を示す。背中に書かれたメッセージは「ミャンマーを守ろう。私たちが認めるのは、選挙で選ばれたNLD政権だけ」。画像はフェイスブック(#Civil Disobedience)から引用

軍事政権に不服従の意志を示す、バゴー総合病院の医療者たち。画像はFacebook(#CivilDisobedience)から引用

軍事政権に不服従の意志を示す、バゴー総合病院の医療者たち。画像はフェイスブック(#CivilDisobedience)から引用

民主化運動の著名な指導者、ミンコーナイン氏が亡命先で撮影した映像。フェイスブックで拡散されている

民主化運動の著名な指導者、ミンコーナイン氏が亡命先で撮影した映像。フェイスブックで拡散されている