フェミサイドが増え続けるメキシコ、1日10人の女性が殺されていた

フェミサイドに反対するメキシコの女性たちがデモ行進に参加した2020年の国際女性デー。過去最多の8万人がメキシコ市中心部の路上を埋め尽くした(写真はエル・パイスから引用)フェミサイドに反対するメキシコの女性たちがデモ行進に参加した2020年の国際女性デー。過去最多の8万人がメキシコ市中心部の路上を埋め尽くした(写真はエル・パイスから引用)

メキシコ社会人類学高等研究所(CIESAS)の浅倉寛子教授はこのほど、在日メキシコ大使館が主催したイベントに登壇し、メキシコで横行するフェミサイド(女性を標的とする殺人)をはじめとするジェンダー暴力が減る兆しが見えないと語った。ロペス・オブラドール氏が2018年12月に大統領に就任して以来、1日に10人の女性が殺されてきたとされる。このオンラインイベントは、3月8日の「国際女性デー」を記念して開かれた。

コロナで女性への暴力が激増

メキシコ国立統計地理情報院(INEGI)によると、ロペス・オブラドール政権下で犠牲になった女性は2021年2月末までの2年3カ月で8418人。1日あたり約10人が殺されている計算だ。

フェミサイドはメキシコでここ数年、毎年10~20%の水準で増えてきた。INEGIの直近8年の報告では、2013年は319件。それが14年326件、15年757件、16年462件、17年770件、18年849件、19年1036件となった。

レイプされる女性は16分に1人。女性の66.1%が何らかの暴力を受けているのが現状だ。

「新型コロナが社会に蔓延するにつれて、女性への暴力は増える一方だ」。浅倉教授はこう指摘する。

理由は、3月30日~4月30日のロックダウンでステイホームを余儀なくされたからだ。メキシコの新聞エル・エコノミスタが4月16日に掲載したデータによれば、ロックダウンをメキシコ政府が宣言した後、女性と子どもに対する暴力は12倍に増えた。被害者の9割は女性だ。

ジェンダー暴力のひとつとされる「早婚」も深刻だ。UNウィメンによれば、メキシコでは20~24歳の女性のうち、18歳以下で結婚した割合は2014年時点で21%。15歳以下も4%いる。

浅倉教授によると、12~13歳で結婚させられる前にレイプされてしまった少女が親に殴られるケースもある。「理由は、結婚する前に処女を奪われ“汚い体”になったことで、家族の名誉を傷つけられたと親が思うからだ。悪いのは、レイプした男なのに、なぜ少女が責められないといけないのか」と浅倉教授は怒りをあらわにする。

8万人がフェミサイドに「ノー」

女性がメキシコ政府に直接、暴力をやめるよう訴えかける日がある。3月8日の国際女性デーだ。

女性らはこの日、メキシコ市の独立記念塔からソカロ(中央広場)までデモ行進する。2021年はコロナ禍で参加者は2万人と少なかったが、2020年は8万人にのぼった。

デモ参加者の一部は暴徒化したようだ。スペインの新聞エル・パイスは3月9日、19人の参加者と62人の警備隊が負傷したと報じた。デモ参加者を追い払うために警備隊は催涙ガスを使った。

デモ参加者が年々増え続ける中、メキシコ政府はデモ隊が侵入するのを防ぐため、高さ約3メートルの金属柵を政府庁舎の前に置いた。このときの光景について浅倉教授は「この金属柵に、デモ参加者はフェミサイドの犠牲者の名前を書いていった。これだけ苦しんでいると主張するためだ」と話す。

「性暴力アラート」の効果に疑問

「メキシコ政府はこれまで、女性の訴えに耳を傾けてこなかった」(浅倉教授)。かつてのエルネスト・セディーリョ大統領(1994~2000年)やビセンテ・フォックス大統領(2000~2006年)は「フェミサイドが起こるのは、被害者(女性)に非があるからだ」と主張。浅倉教授によれば、メキシコの歴代大統領は「女性は土曜の夜遅くにディスコへ踊りに行ったり、ひとりで知らない街をふらついたりするから男性に襲われやすくなる」と説明していたという。

ただメキシコ政府は、フェミサイドの問題に無策だったわけではない。カルデロン政権下の2007年、「暴力のない生活への女性のアクセスに関する一般法」が成立した。この法律の目的は、「女性や少女に対する暴力をやめさせ、安全を保障すること。また、不平等が起きないよう法整備する」だ。

この法律を受けて始まったのが「女性に対する性暴力アラート」だ。ジェンダー暴力の件数が増えたり、女性の人権が侵されたりした場合、メキシコ内務省がアラートを発令する。これを受けて、州政府は専門家の助言に基づき、対策を講じる。警官を配備したり、緊急電話オペレーターを増員したり、事件発生後の調査を徹底したりといった具合だ。

アラートが初めて発令されたのは2015年(メキシコ州)。最後は2017年(ベラクルス州)だった。この間、全32州のうち13州でアラートが出た。浅倉教授は「アラートを広範囲に広げれば、結果として人々の警戒意識は上がらない」と効果の低さを指摘する。

フェミサイドの犠牲者の名前を書いていくデモに参加した女性たち(写真はBBCから引用)

フェミサイドの犠牲者の名前を書いていくデモに参加した女性たち(写真はBBCから引用)

メキシコ政府がデモ隊の侵入を警戒して置いた金属柵(写真はBBCから引用)

メキシコ政府がデモ隊の侵入を警戒して置いた金属柵(写真はBBCから引用)