テラ・ルネッサンスがカンボジアで「家畜銀行」、地雷被害者の月収がゼロから4300円以上に

カンボジア・バッタンバン州カムリエン郡で、ヤギを飼育するチャプ・ポンさん。新型コロナで仕事を失った人たちにも、自分が繁殖させたヤギを分け与えたカンボジア・バッタンバン州カムリエン郡で、ヤギを飼育するチャプ・ポンさん。新型コロナで仕事を失った人たちにも、自分が繁殖させたヤギを分け与えた

国際協力NGOのテラ・ルネッサンス(本部:京都市下京区)は先ごろ、カンボジアで4年間進めてきた家畜銀行プロジェクトの完了報告会をオンラインで開いた。家畜銀行プロジェクトとは、1991年まで続いた内戦の間に埋められた地雷が爆発し、障がいを負って困窮する人たちに、繁殖用のヤギやニワトリを貸し出すもの。登壇した江角泰・アジア事業マネージャーは「平均月収が40ドル(約4300円)を超えた家庭もある」と手ごたえを語る。

家畜銀行プロジェクトをテラ・ルネッサンスが実施した場所は、カンボジア北西部のバッタンバン州カムリエン郡。地雷被害者の家族100世帯が対象だ。「地雷被害者の多くは手足を失ったり、片目を失明したりした。だが義足や車いすを使いながら畑仕事をしている」と江角さんは説明する。

プロジェクトの目標は、1世帯当たり月40ドル(約4300円)を稼げるようにすること。「これは、カンボジアの平均的な5人家族が主食のコメを1カ月分買える額だ」(江角さん)

家畜銀行が扱うのは、ヤギ、ウシ、ニワトリ、ハリナシミツバチ。希望する家族に無料で貸し出し、繁殖させたら同じ数を返して、次の家族へと回す。このシステムだと、少ない資金で多くの世帯に家畜を循環させられる。

ヤギは繁殖力が強く餌代もゼロ

いちばん大きな収入になったのは、ヤギだ。84世帯の4年間の合計収入は3万7599ドル(約405万7400円)。ヤギの肉は1キログラム5~7ドル(540~750円)で売れる。1頭の値段は70~140ドル(7500~1万5100円)だ。

ヤギを貸し出したのは94世帯。うち10世帯は、飼い主が病気になるなどして途中で飼育をやめた。

ヤギの飼育小屋は、テラ・ルネッサンスが無償で全世帯に配った。金属製で、3メートル四方の大きさだ。

ヤギを取り入れた理由は大きく2つある。ひとつは、繁殖力の強さだ。繁殖期は半年に1回。ヤギの子どもは、初めての出産では1頭のことが多いが、2回目以降は2~4頭生まれる。

もうひとつは、餌代がかからないことだ。自然に生えている草を刈って与えるだけでいい。

だがプロジェクトを始めたときは、ヤギを飼いたい人はほぼいなかったという。この地域にはそれまで、ヤギを飼っている家がなかったからだ。「やったことがないことをするのはリスクが大きい。近所の人たちが成功するのを見てからは、希望者がかなり増えた」(江角さん)

そこでテラ・ルネッサンスは、ヤギの飼い方を一から説明。積極的だった45世帯に3頭ずつ貸し出すところから始めた。

ヤギの需要は大きい。バッタンバン市の街中や首都プノンペン、タイ国境の町ポイペトなどでは、ヤギ肉のスープやバーベキュー料理のレストランが人気だ。糞が肥料として地元の農家に売れることもある。

愛らしい子ヤギは、村のアイドル。「一緒にテレビを見る、抱いて寝る、抱きしめたりキスをしたりする」といった話を江角さんは聞くという。

薬草の発酵液がニワトリを救う

いちばん多くの世帯に貸し出したのはニワトリだ。99世帯に5羽ずつ提供した。

しかしニワトリを売ったのは半分以下の47世帯。4年間の合計収入は6885ドル(約74万3600円)にとどまった。売った数の半分以上に当たる710羽は、住民が家で食べたという。

売り上げが伸びなかった原因は、感染症が流行ったことだ。放し飼いにしている家が多く、ニワトリ同士が行き来して広まっていた。江角さんは「囲って買うための網を配ったが、なかなか使ってもらえない」と話す。

これを受け、テラ・ルネッサンスの現地パートナーである農業NGO「CRDNASE」が、感染症の予防や治療に効く薬草の発酵液を作るワークショップを開いた。14種類の薬草を細かく刻んで黒糖と一緒に混ぜ合わせ、ココナツジュースとバナナを入れて発酵させる。1週間後にココナツジュースをさらに加えてかき混ぜる。1カ月ほどで完成だ。

地雷被害者のひとりで、妻と孫と暮らすメイ・ソンさんは、この薬を使って、病気になったニワトリを自分で治療できるようになった。その結果、ニワトリを100羽以上にまで増やした。近所の人からも、病気の家畜を診てくれるよう頼まれるまでになった。「とても探求心があり、病気で弱ったアヒルや犬にも同じ薬を試していた」と江角さんは話す。

この成功で、メイ・ソンさんは変わった。「義足を使っているので畑仕事が難しく、それまでは妻に仕事を任せて遊びに出ることが多かった。お酒も増えていた。でも、『これからは毎日ニワトリの面倒をみなければならないから、もう遊びには行かない』と話してくれた」(江角さん)

キャッサバで困窮 した!

テラ・ルネッサンスが家畜銀行プロジェクトを始める前、住民たちの収入はゼロに近かった。「事前に話を聞いて回ったときは、(生活苦から)泣き出したり怒ったり、人に会いたがらないような人が少なくなかった」と江角さんは振り返る。

バッタンバン州では2000年代初めから、キャッサバやトウモロコシをタイに輸出することが収入を得るほぼ唯一の手段だった。地雷被害者のなかでも、農地をもつ人はキャッサバを栽培。農地をもたない人は、キャッサバ農家が植え付けや収穫をする際に日雇いで働く。それもままならない人は、タイへ出稼ぎに行くしかなかった。

困窮の始まりは、2016年ごろからキャッサバの世界価格が急下落したことだ。カンボジアの英字紙プノンペンポストの2017年6月27日付の記事によると、生のキャッサバの市場価格は2014年から30%下落。乾燥キャッサバの1キログラムの価格も、2014年の17セント(約19円)から、8~10セント(9.5~11円)に落ち込んだ。

その結果、多くの農家が数千ドル(数十万円)単位の借金を抱えた。苗木や農薬を買ったり、労働者を雇ったりするために借りたお金を返せなくなったのだ。借金を返すには、農地を売り払うしかない。そのあおりを受け、日雇いでなんとか暮らしていた人たちも働き口を失った。

テラ・ルネッサンスが地雷被害者に絞って支援したのは、障がいを負ったことでとりわけ苦境に立たされていたからだ。「傷口から破傷風になっていたり、障がいのせいで骨格のバランスが悪く、痛みを抱えている人が多かった。日雇い労働や出稼ぎで、ほかの世帯と同じように稼げないハンデは確実にあった」と江角さんは言う。

ニワトリを感染症から予防する、または治療する薬となる「薬草の醗酵液」を作っているところ(バッタンバン州カムリエン郡)

ニワトリを感染症から予防する、または治療する薬となる「薬草の醗酵液」を作っているところ(バッタンバン州カムリエン郡)