テーブルフォーツーの途上国支援は給食費を渡すだけではなかった! 目指すは「給食の自立運営」

学校菜園を楽しむ子どもたち。牛ふんから作った有機肥料を使ったり、化学合成農薬を減らしたりして野菜を栽培する(写真提供:NPO法人テーブルフォーツー)学校菜園を楽しむ子どもたち。牛ふんから作った有機肥料を使ったり、化学合成農薬を減らしたりして野菜を栽培する(写真提供:NPO法人テーブルフォーツー)

NPO法人テーブルフォーツー (TFT)が、アフリカ・アジアへ給食費を送る活動を本格的にアップグレードさせ始めた。支援金を募るキャンペーン「おにぎりアクション」で集めたお金を使って、これまでのように学校に給食を届けるだけではなく、食材を自給するための学校菜園作りや、それに対して政府に支援を促す活動にも注力。支援が将来途絶えたとしても、現地が自立して持続的に給食制度を維持できる体制作りを模索し続けている。

■学校菜園でまかなう!

「おにぎりアクション」とは、インスタグラムやフェイスブックなどのSNSにおにぎりの写真を1枚投稿すると、協賛企業約800社から5食分の給食がアフリカ・アジアの学校に送られるキャンペーンだ。TFTは2015年からこれまでに4回実施し、2018年10~11月の給食支援は目標の100万食分を上回る105万食分に達した。

TFTは現在、将来的には支援を必要としない給食運営ができるようにする取り組みを試行錯誤中だ。おにぎりアクションで得た支援金を給食費としてだけでなく、自立した給食運営を実現するための費用に充てている。安東迪子代表理事は、自立支援に力を入れる理由を「たとえ支援元がなくなっても一緒に潰れてしまわないよう、支援なしでも自立できるようになってほしい」と説明する。

自立支援の方法のひとつは学校菜園づくりだ。TFTが農業指導者を雇ったり、種や農具など必要な資材を取りそろえたりする。ウガンダ南西部のルヒイラ村の小学校では、2008年から野菜作りを始め、1週間に3回の給食を学校菜園だけでまかなえるようになった。

一歩進んで、商品作物の栽培に挑戦する学校もある。マラウイ南部のムワンダワ地域の小学校だ。2年前までは学校菜園で給食用のトウモロコシを育てていたが、児童の増加で全員分をまかなえなくなった。そこで、高値で売れるにんにくを栽培し、食材費を確保しようともくろむ。問題は、学校の職員だけでマーケットの状況を察知し、高値で売れるものを作り続けることが難しいこと。「素人である学校職員だけで市況を読んで、商品作物を作ることはサスティナブルな方法ではない」と安東さんは懸念する。

■“給食農家”が小金持ちに

持続的な給食体制を確立するのに必要なことは、その国の政府が給食予算を増やし、給食に積極的に関与するよう働きかけることだ。タンザニアのザンジバル諸島にある9つの学校では農業省が農家と契約を交わす。農家は農業省指定の小学校向けに野菜を栽培し、政府が買い上げ、分配する。政府が小学校の給食運営にかかわることで、農家にとっては安定した収入を得られることになる。

安東さんは「給食野菜を作るようになった農家の中には『小金持ち』になる人も出てきた。粗末だった家が少しずつ立派になっている」と嬉しそうに話す。今は、政府が野菜を買い取る資金をTFTが援助しているが、将来的には政府が全予算を確保し、給食用野菜の栽培と地元農家の生活安定の2つを実現してほしい、と安東さんは期待する。

TFTはまた、食料廃棄の削減にも取り組む。給食用に買った食材が保管庫の中で虫食い状態になっていることを支援先でたびたび目にしてきたからだ。「食材はある。だけど、虫食いだらけのトウモロコシが袋いっぱい置いてあっても、誰も気にとめない」。国連世界食糧計画(WFP)は対策として密閉容器を配っているが、食材管理の方法などの指導までには手が回らないのが実情。TFTは、給食支援に共同で携わる地元NGOを通して給食従事者に食材の管理方法を指導し、廃棄量を減らすことを目指している。

■生き残ったのは2人だけ

自立した給食運営への道のりは長い。安東さんが知りうるNGOの中では、英国の1団体のみが給食支援を始めて、自立した運営体制に移行できた。それまでに30年以上かかったという。

「支援が勝手に始まり、勝手に終わる(日本などの支援元が支援不能になる)ことで、与えられていたものがなくなって辛いという精神的な苦痛は味あわせたくない。もう支援は必要ないと言われるまで続けたい」。これは安東さんのこだわりだ。

安東さんは支援先を初めて視察したときに受けた衝撃を忘れられない。ケニアの給食施設の男性職員リオさんからこんな話を聞いた。「給食がないこと自体は大変ではない。もともと何もないから。辛いと感じたこともない。ただ何かの病気が流行ると(栄養状態が悪いから)バタバタと死んでいくだけ」。リオさんの小学校の同級生およそ100人のうち、生き残っているのはたったの2人だという。安東さんはだからこそ充実した給食を定着させ、子どもの栄養状態を恒久的に改善させたいと行動する。

安東さんが2018年10月半ばに新規支援先のケニアのムファンガノ島を視察したときのことだ。「おにぎりアクション! おにぎりアクション!」と子どもたちが踊りながら出迎えてくれた。その明るさに拍子抜けした。「私たちと同じ。嬉しいときは嬉しいと感じる」。30年後を見据え、楽しさを重視した給食支援を続けると安東さんは決意した。

給食に出るのは、学校菜園で収穫した食材などを使った、茹でたとうもろこしや大豆、甘いおかゆのようなものなど。家庭では用意しづらい温かいものが多い(写真提供:NPO法人テーブルフォーツー)

給食をおいしそうに食べる、ケニア・ムファンガノ島の子ども。給食は、学校菜園で収穫した食材などを使った、茹でたとうもろこしや大豆、甘いおかゆのようなものなどが出る。家庭では用意しづらい温かいものが多い(写真提供:NPO法人テーブルフォーツー)