関西在住ミャンマー人が日本語メロディーで民主化回復を訴え! 「忘れてない 悲惨な歴史」

中之島公園に集まった抗議集会の参加者ら。手にする花束には「平和」の意味が込められている中之島公園に集まった抗議集会の参加者ら。手にする花束には「平和」の意味が込められている

「許せない 国軍の残酷なその行為 忘れてない 我々 悲惨な歴史~~」

これは、ある歌の冒頭部分だ。

ミャンマー国軍が2月1日に起こしたクーデターに抗議する集会が2月14日、大阪市北区の中之島公園で開かれ、日本語のメロディーが響き渡った。ミャンマーで民主化運動が盛り上がった1988年にビルマ語で作詞された「カバマチェブー(ကမ္ဘာမကြေဘူ/ Kabar Ma Kyay Bu)」という歌の日本語版だ。

日本語の歌詞を作った神戸市在住のミャンマー人、醤油さん(仮名、39)は「違う言語で喋ったらうるさいと思われるだけ。日本語の歌で日本人にメッセージを送りたかった」と話す。

抗議集会に集まったのは、大阪、京都、兵庫などの関西に住むミャンマー人200〜300人。国軍に不当に拘束されたアウンサンスーチー氏らの解放と、民主主義の回復を訴えた。

ビルマ語や英語のほか、日本語でも「軍事独裁政権は認めない」などとシュプレヒコールが上がった。

■集会を開く理由を知ってほしい

2008年に来日し、商社に勤務する醤油さんは夫と子どもとともに集会に参加した。

「今はコロナで日本人も大変。集会をすることに申し訳ない気持ちもある。日本の人たちは私たちの集会を見て、『(こんな時期に)何をやっているんだ』と思うかもしれない。だから、ちゃんと私たちが集会を開く理由を伝えないといけないと思った」

ミャンマーで民主主義が突如奪われた現状やミャンマー人の気持ちを日本人に伝えたいから、日本語で歌うことを思いついた醤油さん。

選んだ曲は、軍事独裁に抵抗して最後まで闘うことを歌った「カバマチェブー」。もともと米国のバンドの曲にビルマ語の歌詞をつけたもので、1988年の民主化運動とともにミャンマー全土に広がった。

当時の状況と今のミャンマーで起きていることを重ね合わせ、2月5日に日本語の歌詞を作った。ビルマ語の直訳では伝えられない箇所があったため、日本人に伝わるように言葉を少しアレンジした。

「カバマチェブー」(日本語版)

許せない 国軍の残酷なその行為
忘れてない 我々悲惨な歴史
倒せよう ミャンマー軍事政権
国家顧問 スーチー氏をただちに釈放!
大統領 ウィンミン氏をただちに釈放!
許せない ミャンマー軍事政権
頑張ろう 我々の全力で戦おう
諦めない 国民の勇気を見せよう
倒せよう ミャンマー軍事政権!

2月7日に神戸市内で開いた抗議集会で初めて歌い、好評を得た。SNSでも配信し、大阪でも今回歌うことに。新型コロナウイルスの影響や仕事の都合で東京の大規模デモには参加できない醤油さんだが、「日本人に届けたいから誰でも自由に歌ってほしい」と、日本語のカバマチェブーが広がることを願っている。

得をするのは軍の上層部だけ

大阪の専門学校でアニメーションを学ぶピョーさん(27)は、コロナ禍で集会に参加することに自分も不安を感じている。だが、アウンサンスーチー氏やウィンミン氏など、拘束された大勢の人たちが解放されて平和になるまでは抗議をやめられないという。

「ミャンマーにいる家族は危険を冒してまでデモに参加している。なのに(日本にいて安全な)自分が何もしないのはおかしい。結果がどうなるかは分からないけれど、日本からできることがある限りミャンマーのために声をあげ続ける」と話す。

集会の参加者のひとりで、通訳の仕事をする来日11年目のウィンさん(41)は「今の若者や生まれてくる子どもの自由を奪ってほしくない」と集会に参加した。

ウィンさんは軍事政権下のミャンマーで暮らした経験をもつ。言論の自由が奪われる恐ろしさは身に染みている。

「何かを言えば(自分の身が)どうなるか分からない」。そんなかつての出来事が、今のミャンマーでも起きている。SNSで国軍を批判して逮捕・拘束される人も数多くいる。

「軍事政権になって得をするのは軍の上層部だけ。結局苦しむのは国民」とウィンさん。日本で集会を開くことで日本政府がミャンマーに対して行動を起こしてくれることに期待する。「自分たち(日本)と関係ないと思わずに、少しでもミャンマーの現状に関心を持ってほしい」と話す。

アウンサンスーチー氏率いる「国民民主連盟(NLD)」のシンボルカラーである赤い服を着て右手を挙げるのが、「カバマチェブー」の日本語歌詞を作った醤油さん(写真中央)

アウンサンスーチー氏率いる「国民民主連盟(NLD)」のシンボルカラーである赤い服を着て右手を挙げるのが、「カバマチェブー」の日本語歌詞を作った醤油さん(写真中央)

新型コロナウイルス感染予防対策で、抗議集会の参加者は検温と手指の消毒をする

新型コロナウイルス感染予防対策で、抗議集会の参加者は検温と手指の消毒をする