日本の油吸着材「マジックファイバー」がモーリシャスを救う! わかしおから流出した重油を回収

重油を吸収した後のマジックファイバー。重油が染み込んで真っ黒になっている。マジックファイバーを作るエム・テックスは、モーリシャスなどでの緊急対応が評価され、「災害対応支援環境大臣表彰」を3月26日に受賞した重油を吸収した後のマジックファイバー。重油が染み込んで真っ黒になっている。マジックファイバーを作るエム・テックスは、モーリシャスなどでの緊急対応が評価され、「災害対応支援環境大臣表彰」を3月26日に受賞した

モーリシャスの近海で2020年7月に大型貨物船「わかしお」が座礁し、海に流出したおよそ1000トンの重油を回収する注目の製品がある。繊維ベンチャーのエム・テックス(東京都大田区)が生産する「マジックファイバー」だ。同社社長室の竹ノ下友基室長は「わかしおから流出し、マングローブに付着した重油をマジックファイバーでしっかり取れると検証できた」と自信をのぞかせる。

油しか吸わない!

マジックファイバーの見た目は、綿のようにフワフワで真っ白。30センチのシート状で、重さはわずか20グラムほどだ。これを油の上に載せると、約1リットルの油を吸い込み、真っ黒になる。

最大の強みは、油しか吸わないこと。他社の油吸着材は油と同時に水も吸ってしまう。だがマジックファイバーは超極細の繊維を使うことで、これまでの不可能を可能にした。量産できることもエム・テックスが誇る技術だ。

モーリシャス沖に流れ出た重油の回収でマジックファイバーが初めて使われたのは2020年12月。マングローブに付着した重油を回収できるかどうかを、現地のNGOが検証した。

エム・テックスは日本から遠隔でNGOをサポート。画面越しに作業をモニタリングしたり、指示を出したりした。当時の苦労を竹ノ下氏はこう語る。

「マングローブでの作業は初めて。どうすれば木を傷つけずに油を回収できるかが難しかった。そのうえ遠隔で指示を出さないといけない。なので、動画をつなぎ、作業員に少しだけ手を動かしてもらい、その結果を見て、という地道なやり取りを繰り返した」

12月の検証で、マジックファイバーでマングローブについた重油を問題なく回収できることが確認できた。

だが、流出した重油をすべて回収するには、マジックファイバーが足りない。エム・テックスがこれまでに用意したのは5万1840枚。これで回収できるのは約5万1840リットルの油。事故で流出した重油は1000トン(約122万リットル)なので、4%程度だ。

作業は5月まで延期

ただマングローブをきれいにする作業は、実はほとんど進んでいない。急がないと、根から重油が入り込んで、枯れてしまうにもかかわらず、だ。

大きな要因は、わかしおの解体作業の遅れだ。現場にまだ残っている船体の半分は崩壊のおそれがあり、すぐに解体しなければならない。もし崩れてしまえば、周辺の海域でほかの事故につながる可能性があるからだ。だが新型コロナウイルスの影響で、国外から解体業者が入れず、作業が進まない。

わかしおが崩壊すれば、津波を引き起こすおそれもある。そのためマングローブへの立ち入りも当面は禁止されている。

竹ノ下氏は「マジックファイバーの有効性が12月に確認できてから、すぐに作業を進める必要があった。だが今は5月ごろまで延期となった」と、思うように作業が進まないジレンマを語る。

総額3000万円以上を集める

エム・テックスは、今後の作業で使うマジックファイバーを生産する資金をクラウドファンディングで集めた。

これまでに実施したのは2回。1回目は2020年7~8月。このときは3666人から2455万2000円を集めた。

この金額の95%以上はわずか3日で集まったという。その理由は、8月のテレビの報道だった。国際協力機構(JICA)がモーリシャスに派遣した専門家チームが、マジックファイバーを持ち込んだことを取り上げた。

このクラウドファンディングは当初、モーリシャスの重油を回収するためのものではなかった。日本国内の災害に備えるために、マジックファイバーを増産するのが目的だった。きっかけとなったのは、九州北部が2019年8月に豪雨に見舞われ、佐賀県の鉄工所から油が流出したとき、マジックファイバーがその回収に大活躍したからだ。

だがエム・テックスは使い道を変えた。竹ノ下氏は「お金を出してくれた人たちのメッセージの中に、『モーリシャスに役立ててください』とのコメントがたくさんあった。そんな声に応えるために、全額をモーリシャスのために使うことにした」と話す。

2回目のクラウドファンディングは2020年11月。1885人から906万6750円が集まった。このときの目的は、マジックファイバーの生産資金を追加で集めるためだ。

合計5551人から総額3361万8750円を集めたことについて竹ノ下氏は「モーリシャスのために何かしたいと思った人が、エム・テックスの取り組みに共感して支援してくれた。結果を出さなければという使命感が強まった」と振り返る。

クラウドファンディングで集めたお金で生産したマジックファイバーは今後、モーリシャスに送られ、マングローブに広まった重油を回収する。

現地NGOのスタッフがマングローブ林で作業するようす。根についた重油を拭きとる

現地NGOのスタッフがマングローブ林で作業するようす。根についた重油を拭きとる