シリア内戦で930人以上の医療者が殺された、MSF日本事務局長「病院への攻撃は今すぐやめるべき」

空爆を受けたシリア・アレッポの病院。2016年に撮影(写真提供:国境なき医師団)空爆を受けたシリア・アレッポの病院。2016年に撮影(写真提供:国境なき医師団)

ショートショート フィルムフェスティバル&アジア 2021と国境なき医師団(MSF)は6月2日、内戦が始まってから10年が経ったシリアをはじめとする紛争地での医療施設に対する攻撃と、映像による証言活動をテーマにオンラインイベントを開いた。最初に登壇した、MSF日本事務局長の村田慎二郎氏は「医療施設を狙う攻撃は不当だ」と強く訴えた。村田氏は2012年から2015年まで延べ2年(計4回)にわたり、シリア北部のアレッポの郊外で病院運営などの活動責任者として働いた経験をもつ。

6割が難民・国内避難民に

村田氏によると、シリア内戦の大きな問題のひとつは、「戦闘員」と「(武力を持たない)一般市民」が区別されず、戦時下の病人の保護などを規定する国際人道法が無視されていることにある。

シリアでは内戦が始まった当初から、反政府勢力が支配する地域で活動する医療従事者は一般市民にもかかわらず、政府軍から攻撃を受けてきた。殺された医療従事者の数は10年間で930人にものぼる。

懸念されるのは、医療従事者をターゲットとする攻撃はいまだに収まらないことだ。

国連安全保障理事会は2016年5月、「医療部隊に対して意図的に向けられた攻撃は戦争犯罪だ」と明記する安保理決議2286号を採択した。ところが村田氏は「安保理決議を各国政府は無視した。この5年間でも(シリアをはじめ、イエメンやエチオピアでも)状況は改善されていない」と指摘する。

ちなみに10年におよぶシリア内戦で家を追われた難民・国内避難民の数は1300万人以上だ。これは、内戦前(2011年)のシリアの人口である2200万人のおよそ6割を占める。

病院の防護壁を作る

病院への攻撃を村田氏が強く批判するのは、激戦区となってきたアレッポの郊外にある病院で活動責任者を務めた2年間の経験がベースにある。「すべての決断に人の命を失うリスクが伴っていた。数多くの難題が日々起こっていた」(村田氏)

難題のひとつは、病院の周辺に週に1度、どこからか砲弾が打ち込まれることだ。「スタッフや患者の安全を考え、病院を閉鎖すべきか、患者の命をひとつでも多く救うために存続すべきか」。村田氏は悩んだ。どちらを選んでも全員を救うことはできない。

村田氏が出した結論は「病院を3週間閉鎖し、一時的に近隣の病院に患者を移す。その間に砂壁(病院を守るための高さ5メートル、幅2メートルの防護壁)を病院の周りにつくる。これにより、少なくとも頭上以外からの攻撃に対して備えることができる」というものだった。

医療者はテロリストか

村田氏が活動責任者を務めていた病院は、内戦で使われなくなった小学校。そこで勤務する医療従事者の9割はシリア人だ。1割が海外から集まったスタッフだ。

病院は、負傷者の傷を治す外科手術をするだけでなく、一般外来、産婦人科、小児科もそろえる。また栄養失調や予防接種のプログラムなどもある。

村田氏は「『新型コロナウイルス感染拡大による医療崩壊』という言葉がよく使われるが、シリアでは意図的な攻撃による医療崩壊が起きている。病院への無差別的攻撃は今すぐやめるべきだ」と怒りをにじませる。

村田氏と同様に、病院への攻撃を批判するのは、アレッポ出身のシリア人医師ハムザ・アルカディーブ氏だ。ハムザ氏は、政府軍から猛攻撃を受けたアレッポに残って、最後まで病院で働いた。今回のオンラインイベントにはビデオメッセージを寄せた。

「政府軍が街を掌握すると、医療従事者はみんな、政府の支配地域の外にいただけの理由でテロリストとして扱われる。シリアを脱出して難民になること以外、生き残る方法がない過酷な現実だ」

アサド政権とロシアが悪い

シリアは2011年3月、民主化運動「アラブの春」が波及して反政府デモが起きた。これに対してアサド政権は徹底的にデモを弾圧。反政府勢力が現れるなか、アサド政権の後ろ盾としてロシアが15年9月、シリアに軍事介入。戦況はアサド政権側が優勢となった。

ハムザ氏は「シリア人が望むのは、(内戦の)責任の所在を明らかにし、シリア内戦を終結させることだ。内戦の原因は、9割がシリアとロシア両政府の仕業ではないか」と訴える。

ハムザ氏のビデオメッセージを受けて村田氏は「シリア内戦を終結させるためには、私たち(世界中の人たち)がシリアの現実を知る必要がある」と話す。

シリアを知る方法のひとつとして、今回のイベントで主催者が紹介したのは、ドキュメンタリー映画「娘は戦場で生まれた」(原題:For Sama)だ。これは、主人公である幼い娘サマちゃんが成長するようすを、母親が2016年以降のアレッポで撮影したもの。戦闘で破壊された街並みや、空爆で殺された息子の名前を叫ぶ母親の姿などを鮮明に映し出す。サマちゃんの父親であるハムザ氏も出演している。

子どもを含む負傷者の応急処置に励む、シリア北部の医療現場のようす(写真提供:国境なき医師団)

子どもを含む負傷者の応急処置に励む、シリア北部の医療現場のようす(写真提供:国境なき医師団)