在日ミャンマー人らがスーチー氏の解放訴え、「コロナで大変なのに抗議デモしてごめんなさい」

隣のタイで2020年に起きた反政府デモでも象徴となった「3本指を立てるポーズ」。「抵抗」を意味するといわれるが、話を聞いたミャンマー人によると「Peace(平和)を願うサイン」であり、民政復活への願望を込めているという隣のタイで2020年に起きた反政府デモでも象徴となった「3本指を立てるポーズ」。「抵抗」を意味するといわれるが、話を聞いたミャンマー人によると「Peace(平和)を願うサイン」であり、民政復活への願望を込めているという

「日本はいまコロナで大変だと思います。大人数で集まってはいけないというルールを守れなくてごめんなさい。でも私たちにはこれ(反軍政デモ)しか民主主義のためにできることがないんです。許してください」。2月1日に起きた軍事クーデターに抗議するデモに参加した在日ミャンマー人らは、こう口をそろえて日本人に訴える。

クーデターに抗議するデモが2月7日午前10時~午後1時、東京都品川区の駐日ミャンマー大使館のそばであった。5000人近い人たちが集まり、反軍政や、軍に拘束されたアウンサンスーチー氏をはじめとする国民民主連盟(NLD)の政治家の解放、民主主義の回復などを訴えた。

■60年間も軍に抑圧されてきた

「本当はデモなんてやりたくないんです。大使館のまわりは住宅街なので住民の方は迷惑ですよね。うるさくてごめんなさい。日曜日なのに警察の方も大変ですよね」と、ジンマーさん(27歳)は大使館の近隣住民や警察官を気遣う。

「ミャンマー人は過去に60年ほど軍に抑圧されてきました。民主的な平和が欲しいだけなんです」と続ける。

ジンマーさんは2019年に来日し、働いている。軍が全権を掌握したと聞いたときは「言葉が見つからず、心が痛かった」と明かす。ところが今回のデモに予想以上の人が集まり、団結して反軍政を訴えている様子を見て、「ほんの少しだけ安心できた」と話す。

■国外からプレッシャーをかける

「軍事政権により若者の夢が壊されてしまった。本当に悲しい」。こう語るウィンチョーさん(55歳)は日本に来てからの33年間、「何百回、何千回」と民主化デモを駐日ミャンマー大使館の前などで行ってきた「反軍政デモのプロ」だ。普段は東京・新大久保の飲食店で働いているが、いまはほぼ休業状態だという。

遡ること33年(1988年)、当時ヤンゴン工科大学の学生だったウィンチョーさんは、1988年8月8日の民主化を訴えるゼネストデモ「8888民主化運動」に参加した。この運動は国軍に鎮圧され、学生や僧侶など数千人が命を落とした。

ウィンチョーさんは1989年、日本へ亡命した。「1988年、私たちは一度軍に負けました。今は若者の番です。私は若者の未来のためにもう一度戦います」と熱く語る。

若者の熱気に勇気づけられたというウィンチョーさん。「今日(のデモ参加者)は3000人以上いますね。大使館前のデモでは見たことがないくらい多い人数。しかも20~30代の若者がほとんど。悲しい半面、頼もしいです」と言う。

軍が掌握した2月1日以降、ミャンマーではインターネット通信が断続的に遮断されている。SNS上での言論の自由が統制されている今だからこそ、「ミャンマーの外にいる私たちが(軍事政権に)プレッシャーをかけなければならない。今の状態が長くなればなるほど、軍政が定着してしまう」とウィンチョーさんは懸念を示す。

■デモ参加者には消毒も徹底

「手指消毒してからデモエリアに行ってください!」「消毒のご協力、お願いします!」。NLDの赤いTシャツを着たボランティアスタッフがこう呼びかける。

ボランティアのひとり、マウン(仮名)さん(26歳)は埼玉県でデータ関連会社に勤める会社員だ。「デモの参加者には事前に必ず、マスクを着用するよう呼びかけ、アルコール消毒にも協力するよう」事前準備もしっかりやったという。

「車が通りまーす! 下がってください!」と日本の警察が呼びかけると、「カーラービー(車が来たよ)! カーラービー!」とすかさずビルマ語で呼びかけるのもボランティアの役割だ。

在日ミャンマー人全員が日本語が堪能というわけではない。「そこのお姉さん、そこはみ出さないで! もっと下がって! ここのコーンより後ろ後ろ!」とデモエリアのはみだし注意も欠かさない。

■少数民族への弾圧に警戒

デモの参加者には、カレン民族同盟(KNU)の旗を掲げたり、カレン族の伝統衣装をまとったりしている人が目立った。

ソーリンセインさんは、エーヤワディー出身のスゴーカレン族だ。日本ではホテルで働く。「軍事政権はまた、少数民族を抑圧するのではないかと心配です。カレン族はもう戦争したくない」と悲痛の表情を見せる。

ミャンマーでは、1948年の独立直後から少数民族の武装勢力が国軍との戦闘を続けてきた。2015年にKNUなど8つの勢力が全土停戦協定に署名し、紛争状態が終結したばかりだ。

■軍政の異常さに気づいた

「私の周りには民主主義を求める抗議デモに対して理解してくれる日本人がたくさんいます。デモをさせてくれてありがとう」。日本在住6年で、東京・五反田で会社員をしているアウン(仮名)さん(33歳)は涙をこらえながらこう語る。

ジンマーさんは「ミャンマーから出て、民主主義国家(日本)に来て初めて、軍政の異常さに気づきました。日本にいるミャンマー人の方が民主主義の大切さをよくわかっています。ミャンマーの平和を応援してくれる日本人もたくさんいます」と話す。「NLDが圧勝した昨年(2020年)11月の総選挙の結果と、軍の暴力行為をどうか認めてください」と日本人に訴えかけた。

「We♡Myanmar」の白いベストを着た男性、赤いNLDのTシャツを着たボランティアスタッフたち。拡声器などを使ってデモの参加者を車道にはみ出ないよう誘導する

「We♡Myanmar」の白いベストを着た男性、赤いNLDのTシャツを着たボランティアスタッフたち。拡声器などを使ってデモの参加者を車道にはみ出ないよう誘導する

赤と白のストライプ柄のワンピースやシャツに鉢巻姿がカレン族の伝統衣装。左上に太陽と太鼓の絵があり、左側に赤白青の横しま模様がある旗がカレン民族同盟の旗。その真ん中にある赤い旗は、1948年から1974年までのビルマの国旗

赤と白のストライプ柄のワンピースやシャツに鉢巻姿がカレン族の伝統衣装。左上に太陽と太鼓の絵があり、左側に赤白青の横しま模様がある旗がカレン民族同盟の旗。その真ん中にある赤い旗は、1948~1974年に使われたビルマ国旗

左からジンマーさん、ウィンチョーさん、筆者(駐日ミャンマー大使館の近くで撮影)。赤はNLDのシンボルカラー

左からジンマーさん、ウィンチョーさん、筆者(駐日ミャンマー大使館の近くで撮影)。赤はNLDのシンボルカラー