ネパールでは学校に行っても意味がない? 教育NGOのサルタックが「読書」で子どもの学力アップ目指す

読み聞かせ小学校で読み聞かせをしているところ(ネパール・ラリトプル)

「ネパールの子どもたちは、小学校を卒業しても7歳児レベルの読解力さえ身につけていない」。こう語るのは、ネパール・カトマンズの近郊にあるラリトプル市に住む貧しい子どもたちに「読み聞かせ」などをするNPO法人サルタックの畠山勝太理事だ。読書を通じて、すべての学びのベースとなる読解力を養うことで、 子どもの学力を上げ、貧困からの脱却を目指す。

通学期間が長いと貧困から抜け出せる?

サルタックの読書活動は大きく4つある。

1つめは、小学校で絵本の読み聞かせをする「読書クラス」を運営することだ。ラリトプル市内の3つの公立小学校で週に一度、授業のひとこまや放課後を使って開く。子どもたちの前で本を読むのは、15~20人の地元の大学生だ。

サルタックが読み聞かせにこだわるのは、質の高い教育を受けられない最貧困層の子どもでも、本を読む機会さえあれば、すべての学習の基礎となる読解力を養えるからだ。

国連児童基金(UNICEF)が2019年に実施した国際的な家計調査「MICS6」によると、ネパールの小学校での出席率は90%を超える。そこに貧富の格差はない。

ところが、最貧困層の7~14歳の子どもの平均をみると、7歳児レベルの基礎的な読解力を身につけているのはたったの33.4%しかない。最富裕層の子どもでも56.0%と割合は低いが、最貧困層の状況は深刻だ。畠山氏は「子どもたちは学校に通っていても全然学んでいない。これでは貧困からの脱出も(国の)経済成長も進まない」と語る。

ただ最貧困層のなかでも、基礎的な読解力(7歳児レベル)をもつかどうかは「家に本があるかどうか」で大きく変わる。10歳児を例にとると、1冊以上の本が家にある最貧困層の子どもの51%が基礎的な読解力を身につけている。これは、本が1冊もない最富裕層の子どもの50.1%を上回る。

畠山氏は「本に触れる機会が大切。本があれば、最貧困層の子どもが最富裕層の子ども以上に読解力を身につけられる可能性はある」と説明する。

読解力は言うまでもなく、すべての勉強の基本だ。「(読解力さえあれば)理科や社会といったほかの科目も理解できる。農業や工業の技術書も読める。将来のキャリアにつながる」(畠山氏)

おもしろいデータがある。教育経済学者であるハヌシェック氏(スタンフォード大学)とベースマン氏(Woessmann、ミュンヘン大学)による2010年の研究では、「その国の子どもが学校に通った平均年数」と「その国の経済成長率」にはまったく関係がないことがわかっている。

たとえば平均教育年数の長いルーマニア、日本、イスラエルは経済成長率が低い。これに対して、経済成長率の順位が比較的高いチュニジア、モロッコ、ポルトガルの平均教育年数は短い。

だが対照的に、「子どもの学力」と「経済成長率」は比例する。国際学力調査の成績で1位のシンガポール、2位の台湾、3位の中国は、経済成長率が高い。一方、国際学力調査の成績が低いペルーや南アフリカは、経済成長率の順位も下だ。

幼児教育で「読解力の土台」をつける

サルタックの活動の2つめは、小学校で毎朝15分間、子どもたちが本を読む「読書タイム」を設けること。本を読む習慣をつけてもらうのが狙いだ。対象となるのは、ラリトプルの3つの公立小学校。サルタックが担う役割は、本の寄贈と読書タイムのようすを見ることだ。

読書タイムのモデルとなったのは、日本の小学校の朝読。 サルタック・ジャパン(NPO法人サルタック)と一緒に活動するサルタック・ネパールの初代代表(UNICEFネパール事務所に勤め、幼児教育を専門とするネパール人)が神戸大学大学院に留学していたとき、「朝読は、子どもに読書を習慣づけるのに効果的だと思ったようだ」と畠山氏は話す。

ネパールには、小学校の教室にブックコーナーを設置することを義務付ける法律がある。だがサルタックが2019年に調べたところ、ラリトプル市内の公立小学校でこれを守っていたのは8割にとどまっていた。サルタックはこれまでに、活動先の3つの小学校に約270冊を寄付してきた。畠山氏は「本は今後、本がまだない学校を中心に配りたい」と語る。

活動の3つめは、幼児などを中心に20~30人が夕方に通う「学習センター」の運営だ。週6日、放課後の学校の教室を借りて開く。

目的は、学びの基礎となる読解力の土台を、小学校へ入学する前に養うことだ。最貧困層の5歳未満児のうち、年齢に相応する読解力を身につけているのは20%以下。最富裕層では70%を超えるので、その差は3倍以上だ。

格差の後ろにあるのは、本に触れる機会の不平等さ。最貧困層の家庭では、1冊以上の本が家にあるのは11.5%。3冊以上はわずか2%だ。これに対して最富裕層の家庭の53%には少なくとも1冊の本がある。

読解力を高めるためにサルタックが手がけるのは、本の読み聞かせ。「小学校に入る前に、本に触れる機会がなくて読解力が発達しなかったら、教科書を配られてもどうしようもない。勉強についていけず留年してしまう」と畠山氏は言う。

読み聞かせ以外にも学習センターでは、絵本に描かれた動物の名前を答える「動物クイズ」、折紙、お遊戯などの「遊び」をとり入れている。読解力の元となる語彙力、記憶力、創造性などを育むためだ。

ネパールの幼稚園や小学校で主流なのは、教師が黒板を使って一方的に知識を詰め込む“チョーク&トーク”のスタイル。5、6歳の子どもにそれで知識を身につけろ、というほうが酷だろう。

畠山氏は言う。

「ネパールの教育を良くするために一番重要となるのが、最貧困層の幼児教育。これをやらない限り、小学校や中学校にいくら教育予算を注ぎ込んでも、学ぶための土台がそもそもできていないので、意味がなくなってしまう」

絵本の持ち込みは「最悪の国際協力」

活動の4つめは、ラリトプル市内の広場で開催するブックフェスティバルだ。2015年から年に2、3回のペースで開く。1回の来場者数は300~500人。ボランティアによる子ども向けの読み聞かせやゲームをしたり、絵本を無料で配ったりする。その数は多いときで1000冊にのぼる。

ブックフェスティバルにやってくるのは家族連れだ。字が読めない大人も少なくない。「自分たち(大人)が本に触れたことがないので、本を買って子どもに読み聞かせもできない。 (子どもが絵本に夢中になる姿を見せることで)子どもが本に触れる重要性をわかってもらいたい」(畠山氏)

サルタックが配る絵本はすべてネパールで調達したものだ。地元の出版社と提携し、1冊100円(約106ルピー)と安く買えるようにした。

日本から絵本を持ち込むことについて畠山氏は「最悪の国際協力。海外から無料で本が入ってくると、現地の出版産業がつぶれてしまう。その結果、本の市場は形成されない」と説明する。

サルタックはここにきて、絵本の出版も始めた。いままでに作ったのは2冊。値段は日本円にして1部100円だ。売り上げは年間1万円ほど。「富裕層の子どもが買ってくれ、その利益で、貧困層の子どもに無料で本を届けたい。それが次の目標」と畠山氏は語る。

0421サルタックp3

「オンラインでの読み聞かせ」を実験しているところ

 

0421サルタックp2

クロスワードパズルという遊びの要素を取り入れ、国語を学ぶ