モンゴルは知られざるラップ大国だった! ラッパーからシャーマンになる人も

首都ウランバートルの貧困地区「ゲル地区」出身の男性ラッパーTHUNDER Z(写真は、TOONOTレコードが島村一平氏に提供)。TOONOTレコードには、モンゴルで唯一「本物のギャングスタ」と呼ばれる男性ラッパーDesantも所属する首都ウランバートルの貧困地区「ゲル地区」出身の男性ラッパーTHUNDER Z(写真は、TOONOTレコードが島村一平氏に提供)。TOONOTレコードには、モンゴルで唯一「本物のギャングスタ」と呼ばれる男性ラッパーDesantも所属する

「“シャーマン大国”のモンゴルが“ラップ大国”と呼ばれる日は近いかもしれない」。こう明かすのは、国立民族学博物館(大阪府吹田市)の准教授で、モンゴルのシャーマニズムを研究する島村一平氏だ。島村氏によると、モンゴル人のラッパーとシャーマンには、韻を踏むことで新しい言葉を生み出すという共通点がある。ラッパーからシャーマンになる人もいるほどだ。

小1から韻の踏み方を習う

モンゴル語のラップの大きな特徴は、子音を2つ、3つと連続で重ねて韻を踏むこと。ラッパーは、言葉の出だしをそろえる頭韻と、後ろをそろえる脚韻の両方を駆使する。

韻をふんだんに使った口承文芸が根付いていることも、ラップに対する強みだ。モンゴル人は伝統的に、詩や歌、文学作品などを文字で記録するよりも、口伝えで残してきた。韻をつけることでリズムが生まれるので、記憶しやすいという。

島村氏は「(モンゴル人は)とにかく何でも韻を踏む。小学校1年生のモンゴル語の教科書にも韻文は載っている。作文の授業では、韻を踏んだ詩を子どもが自分で作って音読するほど」と説明する。

「韻文化」をもつモンゴル人にとっては、ラップバトルも身近。ラッパー同士が即興で言葉を掛け合う「フリースタイル」は、「ラップ・デンベー」という訳語が生まれて、すぐに広まった。デンベーとは、モンゴルの遊牧民が、口げんかのように相手を挑発しあう掛け合い歌と指遊びを組み合わせた口承文芸だ。

人口の1%がシャーマン

島村氏によると、モンゴル人シャーマンが呼び寄せる精霊には、韻を踏むものと踏まないものがいる。

韻を踏む精霊がシャーマンに乗り移った場合、こうなる。精霊を呼ぶときに使う召喚歌の歌詞(呪文)を唱えていたシャーマンの体内に、韻を踏む精霊が入るとシャーマンは一変。シャーマンの口から、韻を踏んだ言葉が次々と勝手に飛び出すという。

これを「韻の憑依性」と名付けた島村氏は、ラッパーにも目をつけた。ラッパーが新たなラップを生み出す時にも、何かに取り憑かれたように「降りてくる」瞬間があるからだ。

島村氏のドライバーを長年務めるモンゴル人男性(シャーマン)によれば、精霊とは言葉そのもの。精霊が体内に入る感覚を島村氏が尋ねたところ、韻を踏んで精霊の召喚詞を唱えているうちに「自分でも『何を言っているんだ』と思いながら、言葉が自然と出てくる」と明かしたという。

シャーマンに乗り移るのが韻を踏まない精霊だと、シャーマンも韻を踏む言葉を口にしない。太鼓をたたいて歌のメロディを口ずさむだけ。それが終わると、シャーマンは着ていた服を脱ぐ。その後、精霊から受け取ったメッセージを静かに告げる。

シャーマンかラッパーか

モンゴルでは、社会主義が崩壊して民主化が進んだ2000年ごろからシャーマンが急増。ピーク時の2011、12年はシャーマンの数が国内人口300万人の約1%にあたる2万~3万人にものぼったという。

島村氏によると、民主化で広がった貧富の格差によって、モンゴル人の中からラッパーやシャーマンが生まれた。モンゴル人がシャーマンになる理由について島村氏は「何か不幸があった時に、傷ついた自分のプライドを癒やそうとする。みじめな自分にも、(精霊になった)先祖や偉大な人物がついていると考えるのではないか」と解説する。

不幸のひとつが、首都ウランバートルにある貧富の格差。ゲル(モンゴルの遊牧民のテント)や簡素な家が建つため「ゲル地区」と呼ばれる貧困地区で生まれ育ったラッパーは多い。

ゲル地区出身の少年らが中心のグループ「ギャングスタ・セルヴィス」は2009年、「G地区」という曲を発表した。メンバーのひとり、Desantによると、Gの由来はゲル地区ではなく、ギャングスタやゲロイ(ロシア語でヒーロー)。モンゴルで唯一「本物のギャングスタ」の名をもつDesantは別の曲で、ゲル地区のことをモンゴルで初めてゲットー(少数派が隔離されて住む地域)と表現した。

「(ゲル地区出身のラッパーは)生まれ育ったゲル地区に誇りをもちながらも、ゲル地区やそこに住む自分のことをゴミやクズと呼ぶ。ギャングスタ文化ができあがっている」(島村氏)。島村氏によると、ウランバートルではゲル地区の住民を「黒人」、市内中心部の高級マンションに住む富裕層を「白人」と呼ぶこともある。

高級マンションに住むラッパーも少なくない。歌うラップは、モンゴル国内で最近人気のラブソングやチル系(落ち着いた癒やし系)がメインだ。ゲル地区出身のラッパーとはライバル関係にあるが、共通点はポリティカルラップを歌うこと。ナショナリズムや排外主義を訴えたり、モンゴル政府や国会議員を批判したりする。

たとえば、社会批判からコミカルなものまで幅広く歌うグループICETOP。2002年に発表した「76」という曲の歌詞には「実行しないくせに、口約束ばかりの76人にこの歌を捧げる」とある。76とは、モンゴルの国会議員の数だ。

3カ国のラッパーが集結

ラップの拡大はモンゴル国内にとどまらない。モンゴル系の民族が住む中国・内モンゴル自治区やロシア連邦内のブリヤート共和国だ。モンゴルとあわせて「モンゴル世界」とも呼ばれる。

モンゴル世界にラップが広がる前に起きたのが、モンゴルのシャーマニズムが国境を超える動き。この現象を島村氏はこう推測する。

「シャーマニズムの広がりのほうが10年ほど早い。ラップとはタイムラグがある。(別々の現象なので)ラッパーになったシャーマンが、ラップを『布教』しようと国を越えた話は聞いたことがない」(島村氏)

とはいえ、モンゴル世界のラッパーは国境を超えた結びつきを見せる。モンゴル、中国・内モンゴル自治区、ロシア・ブリヤート共和国のラッパーら10人が、共同で曲をつくって歌うプロジェクトが2018年に完了したのだ。曲名は「トーノト」で、10分間のプロモーションビデオもある。

島村氏は「(ラッパーらは)みんな別々のスタジオで歌った。ビデオの中でなんとかつなげたので、プロジェクトは2年がかり。画期的だが、もう二度とできないかもしれない」と話す。中国政府からの弾圧を受ける内モンゴル自治区では2018年以来、ラップを歌うことはできなくなったという。

内モンゴル自治区では2020年9月、ラップに続けてモンゴル語教育も禁止された。これを受けて島村氏は「中国やロシアの少数民族に対する抑圧の実情は厳しい。だが、ラップによるモンゴル人たちの連帯に一縷の望みを託したい」と語る。

鋭い切れ味のポリティカルラップが特徴のグループ「ICETOP」の20周年ライブのようす。ラブソングやコミカルな歌も歌う(ウランバートルで2016年、島村氏が撮影)

鋭い切れ味のポリティカルラップが特徴のグループ「ICETOP」の20周年ライブのようす。ラブソングやコミカルな歌も歌う(ウランバートルで2016年、島村氏が撮影)

精霊が乗り移って女性に語りかけるシャーマン(ウランバートルで2014年、島村氏が撮影)。モンゴル語で「精霊が降りてくる」という言葉は、ラッパーも含めて芸術家に新しいアイデアが降りてくることを指す

精霊が乗り移って女性に語りかけるシャーマン(ウランバートルで2014年、島村氏が撮影)。モンゴル語で「精霊が降りてくる」という言葉は、ラッパーも含めて芸術家に新しいアイデアが降りてくることを指す