タイの価値観に触れてうつを克服した中山迅一さん、500円の日本語教室が国際交流のハブに

NPO法人「まなびと」の中山迅一代表。改装中のまなびとの施設で撮影(神戸市)NPO法人「まなびと」の中山迅一代表。改装中のまなびとの施設で撮影(神戸市)

「ゆっくり生きてもいいというタイ人の価値観に触れて、うつ病から回復することができた」。そう語るのは神戸のNPO法人「まなびと」の中山迅一(ときかず、37)理事長だ。中山さんは現在、まなびとで学童保育事業と並行して日本語教室を運営。日本人と外国人が意見を交換できる機会を作る。

人間をやめるか、自分をやめるか

まなびとの日本語教室に通うのは約10人の外国人。英語を教える欧米人やベトナムからの技能実習生、近くの大学の留学生などさまざまだ。授業料は1回(1時間半)500円と格安。生徒は日本人の教師と1対1で日本語を勉強する。

「日本語教室といっても、目的は在日外国人と日本人との交流」と話す中山さん。授業では文法や単語を学ぶより、会話が中心だ。

話す内容は、職場や学校での出来事から、故郷の話、日本との違いなど。「ミャンマーのクーデター」など時事ネタも話題に上がる。こうしたトピックについて生徒と教師はお互いの考えを交換する。

価値観を共有する日本語教室。これを立ち上げた裏には、中山さん自身の「異文化に触れて救われた経験」がある。

中山さんは2004年に、京都大学文学部に進学。だが大学の授業に出る理由を自分で見いだせず、悶々とする日々を過ごす。「大学の授業は興味もなかった。(内定をもらった会社も)心から働きたいところではない。でもこれをしなかったら(社会的に)人間じゃなくなる。人間をやめるか自分をやめるか‥‥」

こう悩んだ中山さんはうつ病を発症。卒業論文を書き上げられず留年。内定をもらった企業に就職できなかった。自分で自分に「人間失格」の烙印を押した中山さんは家に引きこもるようになった。

ゆっくり生きてもいい

勉強もしない。仕事もしていない。自分には価値がないんだ――。この考えが大きく変わったのは、2010年1月にいったタイ旅行だった。

当初はタイからカンボジアのアンコールワットに行こうと思っていた。ところがバンコクでお腹を壊し、2日間入院。時間と体力を奪われた中山さんは、ゲストハウスの近くにあったタイの大型ショッピングモール「MBKセンター」で時間をつぶしていた。

そこでたまたま、まがい物のTシャツなどを売っていたタイ人と仲良くなる。

中山さんはそのタイ人の働きぶりに衝撃を受けた。仕事中に漫画を読んだり、クイティヤオ(タイのラーメン)をすすりながら、接客をしていたのだ。

彼は、タイの中でも貧しいといわれる東北部(イサーン)出身。仕事を求めてバンコクに来ていた。家族への仕送りのために頑張って働くかと思いきや、びっくりするほどのほほんとしていた。

「かといって彼が自分本位というわけでもない。僕のお腹を気遣ってくれたし、ランチに付き合ってくれた。ただただ自由気まま」(中山さん)

夢は何?と尋ねたら、農場をもつことだと答える。「農場といっても今の働き方を見ていたら稼げるはずないし、絶対不便な生活じゃないか」。中山さんは思わず突っ込んだ。と、同時にあることに気づいた。

「稼ぐことや便利なことは、自分が重視する価値でしかない。彼はそこに価値をおいていない。それでも楽しそうに生きている」

もっとゆっくり、リラックスして生きてもいい、というタイ人の価値観に触れた中山さん。自身の中でできあがっていた「働かなければいけない」という固定概念から解放された。それ以降、うつ病から少しずつ回復していった。

「さみちい」

タイから日本に帰国後、外国人とどうにかして接点をもてないかと考えていた中山さん。そんな中、日本で働くベトナム人の友人から1通のメッセージが届く。

「日本語を教えてほしい。日本人の友だちがいない。さみちい」

彼女の名前はアイさん。おばを頼って日本で働きにきた。一日中、靴を段ボールに詰める仕事をしていた。おばの家と工場を往復する毎日。信頼できる人といえば、同郷のベトナム人だけ。アイさんは来日して3年になるのに日本語が十分に話せないでいた。

中山さんはすぐさまアイさんと連絡をとった。中山さん、アイさん、中山さんの友人の3人で日本語を話す機会を作った。アイさんは気心が知れた中山さんに、日頃の寂しさや職場での不満など、あふれんばかりの思いを日本語で話した。日本人と本音で会話をすることで、さみしさが少しずつ和らいでいった。

「日本に住む外国人は日本人とのつながりを求めている。日本語は、外国人と日本人をつなぐツールとなる」。こう確信した中山さんは2014年、まなびとで本格的に日本語教室を開始した。

中山さんの日本語教室の噂はすぐに、外国人コミュニティーの中で広まっていく。まなびとのインターン生として働いていた女子大生も、大学の友だちを連れて日本語教師として参加するようになった。

仲良くなった外国人生徒と日本人教師の交流は日本語教室の枠にとどまらない。新型コロナウイルスが蔓延する前は、教師と生徒が一緒になって、出身国の料理をふるまうパーティーや運動会といったイベントをよく開いていた。

中山さんによると、日本語教室の居心地の良さから、外国人労働者が日本の滞在を延長したり、留学生が神戸で仕事を探したりするようになったという。

新型コロナの影響で、日本語教室の生徒の数は20人から10人に半減した。だがまなびとの評判は高く、外国人や日本人から「日本語を学びたい」「国際交流をしたい」といった要望が毎月寄せられるという。中山さんは2020年から、オンラインでも日本語教室を開始。現在は50人の生徒が参加する。

中山さんは今、3階建ての一軒家を借り、改築しようと動いている。2階と3階は学童保育と日本語教室のスペース。1階にはボルダリングの壁やバーカウンターを作って、地域の憩いの場としても利用する予定だ。

改築の資金を得るため5月にクラウドファンディングも開始。2週間もしないうちに目標の120万円に到達した。現在はネクストゴールに向けて寄付を呼びかける。

まなびとの新しい施設。JR三宮からも直ぐ近くの神戸市北野エリアにある

まなびとの新しい施設。JR三宮からも直ぐ近くの神戸市北野エリアにある

まなびとの新施設の1階。現在工事が進む

まなびとの新施設の1階。現在工事が進む