NGO「PLAS」がウガンダのHIVシングルマザーにカフェ経営のノウハウ伝授、週310円の貯金も可能に

2年にわたるプログラムを卒業し、自立していく3期生のシングルマザーら。修了式では満面の笑みがこぼれる2年にわたるプログラムを卒業し、自立していく3期生のシングルマザーら。修了式では満面の笑みがこぼれる

HIV陽性のウガンダ人シングルマザーにカフェ経営のノウハウを伝える日本の国際協力NGOがある。ウガンダとケニアでエイズ孤児などを支援してきたエイズ孤児支援NGO・PLAS(プラス)だ。同団体の海外事業アシスタントマネージャーの山口和美さんは「2年のカフェ経営のプログラムを終えた卒業生の中には、週1万シリング(約310円)が貯金できるようになった人もいる」と胸を張る。このプログラムをPLASは2016年から始め、参加者は累計で39人にのぼる。

2年後はオーナーに

PLASが提供するこのプログラムの名称は「カフェ・ビジネスによる生計向上支援事業」(カフェ事業)。目的は、HIV陽性のシングルマザーがカフェを自力で経営できるようになり、それで生計を立て、貯金し、子どもの教育費を払えるようになることだ。

カフェ事業では、カフェの経営に必要な一連のノウハウを詰め込んだ研修を実施する。参加者が学ぶのは、調理の仕方から売り上げや原価の計算に至るまでだ。

プログラムの期間は2年。その後に参加者が独り立ちできる条件は、プラスが立て替えた開業資金の一部である80万シリング(約2万4000円)を完済することだ。原資となるのは、カフェ事業の期間中に共同経営するカフェの利益だ。

プログラムを実施する場所は、ウガンダの首都カンパラから北にバスで1時間半ほどのところにあるルウェロ県。現地の協力パートナーは、NGOヒーレコーズ(HE-RECODS: Health Response for Community Development and Sustainability)だ。シングルマザーは3〜4人でグループをつくり、1つの店舗を借りる。ここで実際にカフェを共同で経営する。

カフェは、いわば町の食堂だ。主な売り物は、冷蔵庫で冷やした炭酸飲料や、スティック状の揚げキャッサバ、「マンダジ」と呼ばれるドーナツなどだ。食事として、牛肉とトマトのシチューに“主食の盛り合わせ”を提供する店舗もある。1皿に、調理用バナナを蒸してつくる「マトケ」、メイズの粉を炊きながらねり上げる「ウガリ」、イモ、コメを少しずつ盛るのがウガンダ流だ。

カフェ事業の1つめの特徴は、PLASとヒーレコーズのスタッフがシングルマザーと伴走しながら、カフェ経営で生計を立てられるようにすること。カフェをシングルマザーが共同でオープンした後も、ヒーレコーズが定期的に店を訪問し、帳簿の確認もする。

2つめの特徴は、店を借りる前にまず、参加者の家の軒先で試験的に食べ物を売ることだ。参加者はだれひとり、カフェを経営したことがない。まず軒先で販売することで、調理の腕を磨きながら、カフェ経営に必要な力を少しずつつけていく。

3つめの特徴は、カフェの開業に必要な物品をPLASが購入すること。食器やテーブル、冷蔵庫、炭オーブンなどだ。金額は1店舗あたり日本円にして約5万円。冷蔵庫は1台約9000円だ。

ライバル店からクレーム

初めてのカフェ経営。苦労は絶えない。

店舗を見つけるのも大変だ。2021年3月に独り立ちした3期生の4人が経営する店は、ルウェロ県の中にある比較的大きい町ワブトゥングルにある。手頃な物件はなかなか見つからなかった。やっとの思いで探し出した物件の契約の条件は、5カ月分の家賃を前払いすること。例外的にPLASが前払い金を用意した。

既存の店から経営を妨害されることもある。ある卒業生がオーナーとなったカフェでは、売る人が少ないカップケーキに目をつけて販売。ほどなくして店の人気商品となった。ところがカップケーキをかねてから売っていた店からクレームが入り、怖くなって売るのをやめてしまったという。

だがそうはいっても商品の差別化は必須だ。売り上げを少しでも増やせるよう、PLASは講習会を繰り返し開く。ルウェロ県の食堂では珍しいジューサーを使った生フルーツジュースづくりや、パンの焼き方を学ぶ。講習で身につけたパンを焼く技と炭オーブンで、1日2回の焼きたての丸いパンが人気となった店もある。

順調に進んでいたカフェ事業だが、大きな誤算もあった。それは、新型コロナウイルス蔓延防止のロックダウンだ。

2020年3月末からウガンダではカフェを開けられなくなった。ロックダウンはその後解除されたが、すでにお金は尽き、営業を再開するために必要な食材を買うことすらできなくなった。

この窮地を救おうとPLASはカフェにドーナツを大量発注した。食材の仕入れ費用を稼いでもらうためだ。購入したドーナツは緊急支援物資のひとつとして、コロナ禍で生活が困窮したシングルマザーやエイズ孤児に配った。

シングルマザーらはいまも必死にカフェを開け続ける。夜間の外出禁止令がいまだに出されるなか、夜遅くまで営業できない。売り上げもコロナ前ほど見込めない。

山口さんは「カフェの2021年2月の売り上げは80万シリング(約2万4000円)に回復した。そこから家賃や光熱費も含めた経費の50万シリング(約1万5000円)を引くと、30万シリング(約9000円)が手元に残った」と話す。

せっけんも買える!

カフェ事業はシングルマザーの生活を一変させた。3期生の中には、最大で週1万シリング(約310円)を貯金できるようになった人も現れた。

3期生のエスタさんはこのプログラムに参加する前、農家から野菜を買って、それを市場で売って暮らしていた。日本円で300円しか収入がない月もあった。小学校と高校に通う2人の子どもの教育費の支払いは常に遅れてしまっていた。

「PLASの支援でカフェを始めてから、子どもの教育費もきちんと払えるようになった。いままで我慢していたせっけんや肉、魚も買える。貯蓄もできるようになった」(エスタさん)

ウガンダでは小学校から高校まで授業料は無償だ。だが制服や文具、毎年の進級テストにはお金が必要だ。プラスの小島美緒理事・事務局長によると、小学校の低学年では年間5000円、6年生や7年生では年間1万円ほどかかるという。