ベナンの社会派ミュージシャン カマル・ラジ氏、「この国はいまだフランスに搾取されている! 若者よ、立ち上がれ!」

カマル氏ベナンで人気を博す社会派ミュージシャンのカマル・ラジ氏(ベナン・コトヌー市内でカマル氏が経営するカフェで)

“ベナン人で知らない人はいない”といわれる社会派のミュージシャンがいる。ベナン最大の都市コトヌーを拠点に活動するカマル・ラジ氏(29)だ。鉄琴をシンプルにしたようなベナンの伝統楽器でリズムをとり、ポップなメロディーで歌う。「若者よ!ベナンの発展のために立ち上がれ!」といった政治的メッセージを歌に乗せているのが特徴だ。音楽以外にも、政治運動家や社会起業家の顔ももつ。カマル氏には「アフリカのイメージを変えたい」という強い思いがあるからだ。

■「フランスに支配されている」と歌う

カマル氏の名がベナン中に知れ渡るようになったのは、2012年に「Assume ta Jennesse(アシューム・タ・ジュネス)」という曲を発表したときだ。この曲には次のような一節がある。「ベナンを発展させるのは俺たちだ! 俺たちは自分の国に誇りをもつべきだ!」

この曲が収録されたアルバムの値段は2000セーファーフラン(CFA、約400円)。1カ月の最低賃金が4万CFA(約8000円、30日で割ると約1333CFA=約267円)のベナンで、1万枚も売れたという。iTunesでこの曲だけ買った若者も多かった。違法コピーのCDが出回り、ユーチューブで曲を聞けることを考えれば、人口およそ1000万人のベナンでは大ヒットだ。

カマル氏は言う。「多くの歌手は、愛や人生、悲しみなどを歌う。だが俺は違う。政治的なメッセージを伝えたい。アフリカの人を刺激したい。俺の音楽は、ベナンだけではなく西アフリカの人たちに向けたサインで、メッセージだ。俺の歌を聞いて、アフリカの人たちに立ち上がってもらいたい」

彼の言う政治的メッセージとは「西アフリカの人たちはいまだに、西アフリカの共通通貨CFAというツールによってフランスに支配されている。CFAは、西アフリカの人たちから自由を奪っている」ということだ。

カマル氏の歌が爆発的に人気を集めた理由のひとつは、鉄琴をシンプルにしたようなガンコウコウ(Gankouekoue)というベナンの伝統的な楽器を曲の中で使ったことだ。ギターやドラムなどの洋風な楽器はあえて使わなかった。ガンコウコウをポップな曲に採り入れたミュージシャンは彼が初めてだった。これがベナン人の心をつかんだ。

■俺たちが使うお金はフランスから来る

カマル氏は単なるミュージシャンではない。政治運動家としても国内屈指の知名度を誇る。しかもベナン国内だけではなく、西アフリカ全体でも有名だ。

彼の代表的な運動のひとつが「CFAの廃止」を呼びかけたこと。2017年に、コトヌーを含むベナンの4つの主要都市で、フランス支配の名残であるCFAをなくそう、と訴えるデモ行進を主宰した。「CFAは西アフリカの経済を悪くしている」というのがカマル氏の主張だ。

このデモ行進には発端となった事件がある。デモが起きる直前、フランスとベナンの両国籍をもつ汎アフリカ主義者の活動家ステリオ・カポ・チチ(通称:ケミ・セバ)氏が、同じ西アフリカのセネガル国内でCFAの札を燃やすパフォーマンスをした。「CFAの対ユーロ相場を決められるのはフランス政府だけだ。CFA札を燃やしたのは、フランス政府に対する抗議だった」(カマル氏)。ケミ・セバ氏はこの一件で、セネガル政府から国外追放を受けた。

この事件はメディアに大きく取り上げられた。セネガルとベナン以外の西アフリカ中にもCFAに反対するデモが広まった。「俺たちが使うお金なのに、フランスから来る(フランスで印刷される)。おかしい」とカマル氏は言う。

カマル氏が先導したもうひとつの大きな運動は、北アフリカのリビアでベナン人を含む黒人が人身取引されていることに反対するデモを2018年1月にコトヌーで打ったことだ。

リビアは、アフリカ大陸から欧州に逃れる際に経由する国のひとつ。そこで、ベナン人ら黒人が人身取引されるケースが後を絶たない。デモでは「リビアで捕らえられ、奴隷として働かされている黒人の解放」を訴えた。

■“現代のサンカラ”目指す

カマル氏が政治運動に身を投じたのは15年前。14歳の時だ。政治とは何かと漠然と考えるようになり、政治の仕組みを勉強するようになった。

一番影響を受けたのは、“アフリカのチェ・ゲバラ”と呼ばれた故トーマス・サンカラだ。トーマス・サンカラは、フランスの植民地だったオートボルタ(ボルタ川の上流地域を意味する言葉で、現在のブルキナファソを指す)の最後の首相で、ブルキナファソの初代大統領となった人だ。クーデターでブレーズ・コンパオレ氏に1987年に暗殺された(コンパオレ氏は1987〜2014年まで独裁政権を築く。現在はコートジボワールに亡命)。37歳だった。

サンカラの功績として知られるのは、女性の地位改善や識字率の向上など「革命的民主主義」を推し進めたことだ。国名を「ブルキナファソ」(現地語で、清廉潔白な人たちの国という意味)に改名したのもサンカラ。彼は、社会主義に基づく政策を実施したカリスマ的政治家だった。

サンカラの思想を受け継ぐカマル氏。彼の活動はベナン中で注目を集める。「俺たちは、本当の自由を手にするために立ち上がらなければならない。何をしても俺は絶対に警察に捕まらない。だって、俺を捕まえたら、民衆が怒って暴動が起きるから」と自信満々に語る。

■輸入依存から抜け出したい

カマル氏には社会起業家としての顔もある。コトヌーの中心地でカフェレストランを経営。5月には、このすぐそばに図書館兼サロンをオープンさせる予定だ。カフェレストランと図書館兼サロンを作るこのプロジェクトを「バンブー・ヌメリク(BAMBOO NUMERIK)」と呼ぶ。「政府機関や大学が集まる、コトヌーの中心地に建てるから意味があるんだ」とカマル氏は言う。

図書館兼サロンには20台のノートパソコンを置き、誰でも自由に使えるようにする。政治や経済などの本をそろえる予定だ。文章の書き方などのワークショップも開き、専門的なことを学べる環境を作る。利用料は無料。

カフェレストランは、人と人をつなげる場の役割を果たす。飲食からの儲けは、図書館兼サロンに回す。「カフェレストランを、若者が集まって語り合い、知識を共有しあい、その延長線上で、何かが生み出されるイノベーティブな場にしたい」とカマル氏は話す。

カフェレストランと図書館兼サロンの経営にカマル氏がこだわるのには訳がある。植民地時代から根付く貧困や未開発の国といったアフリカの負のイメージを払拭し、誰もが来たがるアフリカをまずはベナンから作っていきたいからだ。「アフリカはもっと素晴らしい場所だし、たくさんの人に訪れてもらいたい」

■パーニュは中国製だった

若者同士がつながっていくことはベナン経済の発展につながるはず、というのがカマル氏の持論。彼が理想とするベナン経済は「ナレッジエコノミー」 だ。一言でいうならば、知識を使って経済発展を目指すあり方だ。

ベナン経済の現状をみると、人々の生活が輸入に強く依存していることがわかる。2016年のベナンの輸入額は約26億3000万ドル(約2787億円)で、輸出額(約4億700万ドル=約431億円)の実に4倍以上に及ぶ。輸入品のトップ5は、コメ(約7億7300万ドル=約819億円)、精製された石油(約3億4300万ドル=約363億円)、家禽(約1億6000万ドル=約169億円)、電化製品(約9360万ドル=約99億2000万円)、車(約9310万ドル=約98億6000万円)。

最大の輸入品がコメ(タイ米が流通する)というのも驚きだが、注目すべきは、輸入先のトップはフランスではないこと。ベナンにとってダントツの輸入先は中国の約20億4000万ドル(約2162億円)。これにインド(約4億4000万ドル=約466億円)、マレーシア(約2億8500万ドル=約302億円)、フランス(約2億3600万ドル=約250億円)が続く。中国からの輸入額はフランスの約10倍だ。

ベナンの輸出品トップは綿花だ。これはつまり、ベナンの綿花が中国に運ばれ、そこで“ベナンの伝統的な生地(パーニュ)”が作られ、それがベナンに輸入されることを意味する。ベナン人が着る伝統的な服のベースとなるパーニュは中国製なのだ。こうした現実がベナンにはある。

ナレッジエコノミーでは、輸入に依存するベナンを変えるために、知識や人的ネットワークをベースに起業する若者を増やすことを目指す。「(ナレッジエコノミーの基盤となる)図書館兼サロンを作るプロジェクトをアフリカ全土に広げたい」とカマル氏は意欲を燃やす。